読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

夫婦間でうまくいかない理由は、誰もが毎日しているアレでした。

夫婦仲向上の活動を始めました、純愛伝道師のやっちです。

 

f:id:yusuke871:20170404005641j:image

 

結婚して2年目。

いつものように仕事から帰ってきて、

ご飯をつくる奥さん。

 

洗濯物をたたんでいなかったので、

先にそちらを片付ける。

趣味の料理コミュ二ティで、今日提出しなくてはならない宿題を、やっていないことを思い出し、あわてて取り掛かる。気付いたら時間がかなり経っていて、料理のスタートが遅くなる。

 

「ただいま〜」

そうこうしているうちに帰ってくる旦那さん。

仕事で疲れ、お腹はペコペコ。

 

 

 

「おかえり!」

当然、いつものように夜ご飯の用意はできていると思い、リビングに入ると、まだ料理の途中。そんな奥さんに、旦那さんはこう言います。

「まだできてないの〜!?マジか!」

これに対し、奥さんは、

「色々やってたら作り始めるの遅くなっちゃった!お風呂でも入っててよ!」

そんな風に言うかもしれません。

旦那さんはササッとお風呂に入り、

ご飯を食べます。

 

テレビやSNSに夢中になったり、

本を読んだりしているうちに、

あっという間に寝る時間です。

奥さんは洗い物をして、寝る支度をしてます。

旦那さんは疲れて先に寝てしまったようです。

 

•••おやすみなさい。

 

 

ある平日夜の、夫婦の日常の1ページでした。

色んな過ごし方はあれど、お互いに働いていますが、なるべく家でいっしょにご飯を食べようと努力している、結婚2年目の夫婦です。

 

この二人、このような日々が続いていたら要注意です。というのも、毎日必ずした方が良い会話が抜けているからです。

 

それは、お互いに、一日でどんな出来事があったかどうかの会話をすること。

 

例えば奥さんなら趣味の料理コミュニティの話をしてもよいでしょうし、旦那さんはどんなことがあってヘトヘトなのかを話しても良いでしょう。

 

週末まとめて話そうとする人もいますが、

多くの場合はあまり覚えておらず、近々の会話にとどまります。

 

ついつい結婚生活にも慣れ、会話も事務的なことや、同じような会話をしがち。

一日一日の積み重ねが、良い夫婦関係をつくっていきます。

 

少しだけ、夫婦の会話を意識してみませんか?

 

 

 

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇
夫婦仲の向上•改善のためのコミュニケーションのご相談は、やっちまで!
詳細はこちら!
https://anypay.jp/shops/tKL95yJGa6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金という強大な力に振り回されている、社会の実感

その日暮らしの主夫、やっちです。

幸せとお金について。

かなりナイーブテイストです。

 

f:id:yusuke871:20170331162833j:image

 

幸せすぎるのも考えものと思った。

明日死んでもいいと思っている分、「なんとかなるだろう」という自信が強すぎる。
だって人生はなんとかなるようにできてるんだから。

 

僕は何もしてなくても幸せになった。
この感覚は言葉で伝わらないことはわかっているので、特に説明はしない。

 

でも人は、幸せになったらその先どうなる?って考えるようになりました。


以前のように、幸せを漠然と追い続ける自分は、少なくとも「頑張ってる感」と「お金」がありました。

 

要は、お金と地位と承認欲求が満たされれば幸せになれると思ってたからです。
成果報酬でお金がもらえるのも、仕事の結果を出して褒められるのも、幸せの一部を感じました。

《ここで言う地位というのは、首相とか社長とかリーダー的な意味だけでなく、例えばこんなチームに所属してますとか、この人の元で面白いことやってますとか、移住してここで暮らしてますとか、そういうのも含みます。》

 

幸せでなくてもそれを満たした人は幸せと話すでしょう。だってそう言わないと自分の過去をすべて否定することになってしまうし、何よりそのブランドは強い。

お金や時間や場所を満たす。
みんながそれを幸せだと思っているんだから。

 

本気で幸せと感じる人は、直接会わずともSNSを見ていると伝わる。
ほんとに幸せを掴んだんだ、、すごいな。って尊敬します。

 

でも、妻は違う。
基本的に何もいらない人なので幸せなのは間違いないんだけど、お金がないというのがやはり不安のようです。不安は増すばかり。

「お金は信用」という言葉は今、ほんとにその通りだと納得してます。


関わる人自身の信用もそうだけど、未来への信用はお金ありきなんだということを、この2ヶ月間で見せつけられた。
強大な力だ

 

人生は何があってもなんとかなること」っていうのを説明するのがどうも難しくて、感覚人間がここへきてかなり苦労に拍車をかけてる。理論的な人間に初めて憧れました。いつも話が合わなくて困らせてましたが。笑


言葉で表せられないので、行動で示すしかない。自分で事業としてお金を稼ぎ、「ほら、こういうことだよ」って説明しようとしてるのが今。
でもそれも時間がかかっていて、まずいなーってなってるのも今です。

 

お金だけが資産ではないこと
今の時代がどこに向かっているのか
好きなこと、やりたいこと、社会に貢献できること、それらを突き詰めること


これらが、世界中の人に求められていて、自分自身の人生を歩むことが大切であること。

このあたりは、この15年ぐらいを冷静に見てきたからこそ不器用な自分でもわかるのであって、改めて教えるとなるとまた別次元の話です。


人に話せて初めて理解したと言えますが、
「相手に理解してもらう」というのは、教育の技術も必要と思いました。

 

愛はお金に代われないか。

僕はようやく最近、愛はお金に代わるものと納得していたところでした。愛さえあれば世界は成り立つと本気で思った。
家族、仲間、知らない人への優しさ。
どれもお金じゃ手に入らない。

 

等価交換の概念から生まれたお金。
でも、等価じゃなくていいよーっていう愛が回って、食べ物も家も技術も知識も、みんなでぐるぐる回して生きられることが、
どれだけ素敵なことか。

何もしてなくてもみんな幸せなので、

常に満ちている状態。

 

今の社会じゃ僕は苦しいです。
自分が満ちるだけじゃダメなんだって、今はハッキリと思います
幸せの先の幸せがある。

 

どうしていこう?

幸せに満ちた世界が、当たり前になったらさぞ素敵だろうと思いました。

まずは恋や愛の観点から、コミュニケーションやパートナーシップを探求する生き方をします。結婚をして、自分がこの考えにいたったからです。僕らの式での誓いにもありますが、お互いがお互いを高め合う結婚をしてほしい

そう願います。

 

同時に、自分自身のやりたいことの発信、学びをつくれる場をつくりたいと思った。
ゆくゆくはそれぞれの事業の問題点を話し合ってより良い社会をつくる会議ができる場になっても良いと思ってます。
学ぼうとする人」この人たちが集まるっていうことも大切で、繋がって新しい何かを生み出してほしいです。何より学びは楽しい

座学だけでなく、発見が楽しいのではと思います。例えば同じ内容のセミナーでも、講師や集まる人によって発見は違うと思ってます。

 

利益はもちろん大切。

次に進むステップのための材料。

でもそこが先ではなく、こういう世界をつくりたいんだ!って人が集まって話す場が、すごくエネルギーに満ちると確信してます。そして同じような人間がどんどん集まってくる。

 

以前、新卒のグループ面接時に言った、
最初の言葉。

僕はこの世界が幸せになるためにはどうしたらよいかを常に考えてます。御社の事業の発展に貢献することで、社会に影響を与え、第一歩のスタートとさせていただきたく思ってます

凍りついたし、鼻で笑われました。
でも僕の気持ちはこの時と変わらない。
だって、どんな行動も誰かの影響に繋がっているんだから。

 

直接感じられなくても、世界の裏側で必ず誰かに影響を与えている。
何もしなければ、何も起きません。

自分の行動がどれだけこの世界に影響をもたらすかを考えていただきたい。
それは善も悪も。知らない誰かに何かしらの影響を与えます。

例えば自分がお金を稼げば誰かが貧乏になります。自分が誰かと繋がれば、その時繋がるはずだった別の人が消えます。

 

用意された世界で自分がもがいているわけじゃない。
自分が世界をつくっていて、色んな人がそれに影響されてるだけ。あなたに世界が影響を受けてます。そして世界がつくられる。

 

電話しづらいクライアントさんに、「あぁ、怒られるー」とか思いながら電話したら、意外と何もなかったってことありませんか?

友達に対して、「こんな風に思ってるんだろうなぁ。なんて言おう、、、」って悩んでたら、会ってみるとケロッとしてるなんてこともありませんか?

 

そんなことも、自分がつくっているということです。勝手にストレスを溜めてしまう。

「きっとこう感じてるんだろうなぁ」っていう憶測は無限に広がります。キリがないんです。

 

本来そんなことないのに、自分がよからぬ方向に持っていってしまい、それが現実になることがあります。それが世界をつくっているということ。偶然ではないんです。

 

僕は自分で今の状態を選んでる。

だから、何もなくても幸せなんです

この言葉の本当の意味が理解いただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

今までの100円が10倍以上の価値になる感覚を一度は味わったほうがいい

頻度高すぎて、ますますイベンターらしくなってきた、やっちです。

 

f:id:yusuke871:20170330183711j:image

 

お金の価値がめまぐるしく変わった3月。

そりゃそうです。ニートですもの。

昨日の主催イベントで、僕が一日に家事ばっかりやってる話をしたら、

主夫じゃん

ってツッコんでくれた人がおって。

 

そっか!!主夫なんだわたし!

ほんとのわたし、デビュー!

 

ってなんだか舞い上がってしまったんですが、

これからは主夫も良いと思いました。

 

お金の価値の話に戻りますね。

最近、以前の1000円の価値が、今100円で感じるんですよ。100円かぁ、、うーむ。

という感じです。

 

これってデフレとかインフレで起こる感覚の差と一緒なんですよね。

 

前にも極限まで貧乏になったことはあるんですけど、それでも単に「お金がない」っていうだけだったんですよ。

 

今は、例えば臨時収入が1万円入ったとしても、その感覚のままなんですよね。

 

前は1駅でも電車を使っていた僕も、今は2駅なら歩いちゃいます。

なぜなら、時間という資産を持っているから。

お金がないなら、時間を使う。

 

誰も来なかったら破産するけど、

イベントをやった。

 

でも僕には仲間という資産があったから、

そして力を貸してくれる人がいたから、人は集まった。

 

僕には妻がいるので、

家でのたうち回ることも、寂しくなることも、変に落ち込みすぎることもなく、平然。

これも資産だなって思います。

妻には心配かけちゃってるので、早くお金稼いで好きな服買ってあげたり美味しいもの食べさせてあげたい。いらないって言うだろうけど。

 

そんな感じで、

ほんとに絶望状態までお金なくしてみると、

凶変するどころか感謝しか湧いてこないんですよね。

 

なんでお金がないと人に暴力をふるったり、

お金を盗んだり、変なビジネスに手を出したり、お金借りまくったりってなるのか。

 

そんなわけで、お金がもたらす人への心理の探求は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント開催!お金があってもなくても、知っておくべきこれからの生き方・働き方

ほんとに転職できるの?@やっちです。

今日はイベントデー!

年度末のお仕事帰りに来てくださった皆様、ほんとにありがとうございました!(°▽°)

 

f:id:yusuke871:20170330011030j:image

 

あなたは今の仕事や職場、あるいは今の自分に満足していますか?

 

そんなテーマを常に念頭に置きながら、

皆さんでのディスカッション。

 

これがまた本当に予想外に面白く、

参加者の皆さんが濃いのなんの。

 

一度会社を辞めてニート状態になり、フリーランスとして稼いだものの、お金をほとんど使わない状態になり、最近になってまたやりたいことにお金を注ぐようになった方がいました。

 

お金を使いたいという思いはループするのか?

興味津々です。仕事なくなって、お金ってそんなにいらないんじゃない?って気付いて、仕事を得てお金を得られるようになった時に、いつの間にかまたお金を使うようになっている。

この不思議さはなんなのか。

 

やりたいこと、好きなことでお金を稼ぐという考え方がどんどん出てくる昨今。

 

f:id:yusuke871:20170330020941j:image

サラリーマンは我慢して仕事をしていて、その我慢の分、外でお金を使っているのでは?

 

そんな仮説のもとにみんなで話していると、

 

「会社辞めたいと思ってたけど、なんか寂しくなってきた。笑」

「1億円あっても会社は辞めない」

「自由が利くので辞める必要はない」

 

そんな意見が。

僕がすごく印象的だったのは、

それぞれの人が、会社というものを根本的にどう捉えているか、という点。

 

20代前半の人と、20代後半〜30代前半の人と、30代後半〜40代の人で違う圧倒的な価値観の差

 

30代後半〜40代の人は自分が築いてきたものを否定するわけにはいかないってとこがあったり、

「会社は苦しいもの」という価値観を引きずったりする傾向にあるとみてます。

 

苦しさゆえに給料がもらえるという価値観は、今の20代前半の若者には理解できない部分ではないでしょうか。

 

20代後半〜30代前半の世代は、両方の価値観をなんとなく理解しているタイプ。

そして危機感があるもののその狭間にいて、どちらの方向性にも中途半端な人が多い傾向にある。柔軟に両方の良い部分を取り入れる器用な人たちも多い。

 

今の若者には頑張って稼いで、結婚して、車と家を買うというこの流れは一つの生き方に過ぎず、「そういうやり方もある」に過ぎない。

 

そんなやり方を押し付けられた日には、

それはそれはたまったもんじゃない。

「楽しいことを突き詰めればお金は自ずとついてくるんでしょ?」

「お金そんないらないから時間がほしい」

それが当たり前になっている世代。

 

そんな両者を伺う、

20代後半〜30代前半グループ。

「このまま会社にいたほうが楽だ。」

「いや、会社にいるのはリスクだ。独立に向けて動き出さねば、、、」

そんな行ったり来たりが続く。

 

全世代の考えを否定しません。

それぞれの世代の適した生き方があるからです。50代、60代の人はこれまでのやり方が大成功だったわけです。

でもそれは80代が平均寿命だった時の話。

 

特に100歳まで生きることが当たり前の20代〜30代は、挑戦の数だけ、経験の数だけ、やりたいことの数だけ、なんでもやらないと逆にリスクになる。

 

「若いうちからなんでも挑戦しよう!」

とかそういう話ではなく、

挑戦が当たり前になる

「今、こういうことに挑戦してます」

「これをやったらうまくいかなかったので、次はこうします」が自己紹介代わりのような感じです。

 

失敗して40歳になっても、50歳になっても、

やり直しがいつでもきくからです。

100歳まで生きるのだから。

 

正解はない。確かに。

でも今の時代に確実に必要なのは、

自分でそこに立っていて、

自分で道を歩いているか?

という自立だと思います。

 

 

おもしろかったー!!

またこの機会、作りたく思います。 

 

 

 

 

共同主催、石澤さんプロフィール!

素敵なファシリテートをありがとうございました!!

 

◎石澤貴宏(いしざわたかひろ)

日本株デイトレーダー
(学ぶデイトレーダー

東京都荒川区出身、1979年生まれ。
新卒入社した証券会社を退社後、個人デイトレーダーに転身。
月100万円稼ぐも、人との関わりがない生活が続くことへの恐怖から、再び会社員へ。
入社した教育系企業で事業企画に従事することになり、「学びとは何か」を問い続けることがライフワークになる。
2016年、「学びと株」を結びつけるべく、再び専業のデイトレーダーの道を歩き始める。

入門者向け株式勉強会「SOREO」主催
個人ブログ「それおもしろいね」運営

 

絶対に怒らない僕が、感情をコントロールできるようになった5つの秘訣

どうも。

ニート、ニーター、ニーティスト、

やっちです。

ニーティストって響きが素敵だなと思いました。名前を変えようがニートニートだ。

 

f:id:yusuke871:20170329010046j:image

 

あー、、、

いい加減フリーランスと名乗りたい。

がんばって稼ぎを得よう。

まずは100円稼ぎを得よう。

100円稼いだら1000円を目指す。

フリーランスで学びや恋活のイベント開催の事業をやってます。」的な。

妻にハーゲンダッツを買ってやるんだ。

NEET or    Freelance・・・

 

とは言うものの、僕はまだあきらめてません。

サラリーマンという黄金ポジション。

サラリーマンはなんせ楽だ。天国だ。

 

そりゃそうだ。

サラリーマンを最初に考えた人は、

どれだけ色々と考えてこのシステムを作ったことか。すばらしいじゃないか。

 

古代ローマの奴隷がそのまま現代のサラリーマンだと?

 

そんなこと言われたって、いいものはいいんだ。

 

今日は興味ある会社、10社ぐらい応募しました。よくわからないけど。応募してから考えます。妻にもそれを話したところ、

 

「いいんじゃない?」

 

大好きだ!(゚∀゚)

だって、ネットで定型な情報を見てたって、

直接その会社の人から話を聞かないとわからないんですもん。

だから気になったら書類送付する。

通ったら話せるし。

 

採用通知がくる頃には、

自分で最低限の生活ができるぐらい稼げるようになっているのが理想。

温かく見守ってやってください。

1か月後、ホームレスになってたらすいません。

 

前置きが長くなりました!!

 

今日は感情について。とくに怒り

怒りの感情をコントロールできるようになる話です。

 

 f:id:yusuke871:20170329010103j:image

 

僕は以前は、根っからの短気で、我慢はできる子でも、

ストレスを抱え込みやすい子だったんですよ。

切れやすいんですが、グッとこらえてしまう。

表面上は、「やっちって全然怒らないよね。」ってなるわけです。

 

・・・怒っとるがな

 

我慢強い人ってたくさんいると思うんです。

一見、温和な人?というか。

 

でも我慢強いことと、ストレスを貯める貯めないは全くの別物なんですよ。

 

ストレスは確かに発生していて、それを外に出すか出さないかなんです

外に出る直前でグッッッってこらえられる人が、我慢強い人

 

我慢強い人はね。

苦労してるんですよ。

 

顔に吹き出物ができたり。

髪の毛が抜けたり。

身体がかゆくなってしまったり。

過呼吸になる人だっています。

 

ただ、我慢強い人はね。

決して人に言わないんですよ。

だから察してあげようにもちょっとわからなかったりする。

千里眼とか、白眼とか、とにかくよく見てあげてくださいね。

 

今、僕は周りからと言われるぐらい怒らなくなりました。

感情のコントロールは人格とか性格とか器量とかって言われたりするんですが、

これは明らかに技術です。

 

色んな説がありますが、僕が自然に身に付けて実践した方法があるので、

紹介します。

 

①深呼吸する

 

え~!!いきなりなにそれ!

って思いましたか?

コレ、けっこう効くんですよ。笑

 

ただ深呼吸するのではなく、

自分の中にあるストレスを一回膨らませるように限界まで鼻で息を吸って、全部吐き出すように口で息を吐くんです。

これは、ストレスを溜めている自分をまず認めるということが大切です。

ストレスがたまっている・・・ダメだ。

ストレスがたまっている自分、なんて嫌な人間なんだ。

そんな風に思わなくていいんです。

そして、ストレスの原因をなるべく具体的にイメージして吐き出す

けっこう効くので、試してみてくださいね。

 

 

②一回その場から幽体離脱して客観的に見る

 

??ってなってしまうかもしれません。聞いてください。笑

ケンカなどしている時、

その場から離れても、そのことを思い出すだけでイライラする時、

メールやSNSの投稿を見て、イライラしてしまう時。色んな場面でイライラが発生しますね。

 

実際ほんとに幽体離脱するわけじゃないんですけど、

そんなイメージで一回その場の自分を別の誰かとして見るんです。

自分のことだと抱え込んじゃっても、人にアドバイスをする時は

冷静にその人を見れたりしませんか

それを自分で作り出すんです。

「自分を客観的に見る」なんて簡単に言いますがほぼ不可能です。

なので、魂を抜いてほんとに具体的に斜め45度あたりから自分を見る。

意識して何度もやってみないと身に付きません。ファイト!

ここでのポイントは、意識が外に向くことです。内側だけをずっと見つめてしまうがために冷静になれません。

視野を広くして自分を見る必要があるんです。

 

③根源を探るゲームだと考える

 

イライラするのは、どこからきているのか。

目の前の人なのか、元々溜まっていたストレスからなのか、

自分の中の承認欲求が実は働いているのか、

全くちがう何かを気にしていてイライラが重なったのか。

 

自分が怒っているのは、どこからきたものなのかを探すゲームと考えます。

怒ったらゲームスタート。

怒りっぽい人は、たくさんゲームできますね。

クリアできたら、なるほど、これに怒っていたのか、じゃあどうしよう、

そんな風に繋がっていくわけです。

 

④あえて怒る

 

これ、元も子もないでしょうか。

僕は時々やるんですよ。

仏のやっちも、どうしても抑えられなくて外に出したい時があるんです。

そんな時に、「なんなんだよくそ!!」とか、感情丸出しの言葉を放ちます。

すると、すーっと穏やかになっていきます。

ついこの間、妻と話していて、「ちょっとイライラする」と伝え、

だー!!ったく!!!!」みたいな言葉を言い放ちました。笑

でも、それで終わりです。ストレスをただ放出しただけです。

相手にちゃんと理解してもらうことが前提ですけどね。

ちなみにストレスの原因は、

お金がない自分への歯がゆさ」でした。

 

 

⑤事実と感情をしっかり分ける

 

これが意外とできない人が多い。

例えばこんなことってありませんか?

 

友人関係のAさんとBさんとCさんがいます。

AさんとBさんがたまたま買い物をしていた所、

偶然、Cさんに会いました。

Cさんはなんで自分は誘われないのか、もどかしくなりました。

AさんとBさんはいつも通りに定期的な買い物をしていただけです。

Cさんはこう言いました。

「なるほどね!わたしはお呼びでないってわけね!」

そんな皮肉をAさんとBさんに向かって伝えました。

AさんとBさんは戸惑ってしまいました・・・

 

この場合、

事実 → AさんとBさんが買い物をしていたら偶然Cさんと出会った

感情 → CさんはAさんとBさんのように仲良くなりたいというジェラシーがある

 

ここでCさんが、「あれ?偶然だね!」ってなるのがスムーズですよね。

例えばジェラシーのような感情が湧いたとしても、

「わたしも一緒に行きたかったなぁ」ぐらいに、感情を伝えるだけでいいんです。

ここでのポイントは、

ジェラシーが先行して、あたかも事実のようになるということです。

この場合の歪んだ事実は、

「AさんとBさんがCさんを出し抜いた」です。

 色んな場面で起こることなので、まずは冷静になって自分をみてみましょう。

 

 

いかがでしたか?

感情をコントロールする5つのポイントをあげてみました。

 

すべて共通しているのは、

怒っている自分を認めてあげる

ということです。

ここが基本になります。

 

色んな方法があるかと思いますが、

参考まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上野由洋さんが神すぎた。投資を中心に、チャレンジするすべての人に必要な、大切なことを教わる

純愛伝道師&学びの場を促進中、やっちです。

 f:id:yusuke871:20170328010620j:image

 

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント代表の上野由洋さんのお話を伺ってきました。映画製作のベンチャー企業になります。

上野さんや会社の詳細はこちらをどうぞ。

www.creators-station.jp

 

上野さんがさらりとお話くださることがとても重いパンチで、グサグサきましたので一つ一つ味わいながらシェアしたく思います。

 

 

 

【ボールをもらってしまったら終わり。もらわないと決める。】

教えてもらったら終わり。

上野さんは元LINEの森川さんとお会いした時に、色々教わりたかったけどもあえて何も聞かなかったそうです。

こちらから、講演会で繋がったSHIDAXの志田さんを紹介しました。

LINEスタンプの話が具体的になったそうで、お繋ぎしたとのこと。

先に何かをもらってしまうと関係が終わってしまう

あるいは次の日までにすぐに返さないと気が済まない。だから、必ずこちらから何かを与える意識をしているとのこと。

 

ボールをもらったままではすぐに萎んでしまう。膨らませたままにすることを

意識する。これを、「人間に貯金をする。」と上野さんは表現してました。

 

 

【人脈のきっかけは30万で入れる怪しいビジネス講習会だった】

ビジネスを学びたく入った講習会。

しかしそこで出逢った人が人を繋いでくれ、またその人が繋いでくれ、

その人が繋いでくれた人に誘われた講習会で、

SHIDAXの志田さんまでたどり着いた。

きっかけはどこになるかわからない。

 

どこかで5人を介せば会いたい人に会えると聞いたことがあります!それを思い出した話でしたね。

 

【本を選ぶ基準はこの先何年も残る内容かどうか。】

20年後に残るか、100年後に残るかが基準。本当に必要な本はこの世に少ない。

 

僕も本が大好きでついつい色々見てしまうほうですが、最近はあまり読まなくなりましたね。

必要な時に必要なものを選んだり、尊敬する方のオススメしか読んでません。

 

【実現に必要なこと】

孫正義も、スティーブジョブズも、マークザッカ―バーグも、特別な才能があるわけではない。

目標達成と人脈形成は、まずは猛烈なモチベーションがあればいい。

本気でやっていれば必ず応援してもらえる

逆を言えば、本気と伝わらなければ応援してもらえない。

伝わるように話すことも大切

 

情熱って、なんかテンポよくハッキリした声でみたいなイメージありますけど、静かに語っても情熱が伝わる人っていますよね。それは本気度が本当に高いんだろうなと思ってます。

 

【時間管理】

午前中はクリエイティブなことしかやらない

難しいこと、アイディアが必要なことなど。それ以外を午後に回す。

 

必ず夜12時に寝て、7時に起きるなど決める。

とにかく時間が短くても睡眠の質を上げることが大切

体温を上げてから下がる時に眠りに入りやすいことを意識して、

布団に入る。布団の中ではスマホをいじらない、本を読まない。

脳に布団の中は眠る場所としか刷り込まないようにする。

 

うーむ。夜にちゃんとお風呂入ろって思いました。

 

【国への投資の基準】

投資家の方なのでかなり色々お話しいただきました!

 

投資の基準は、大前提があるかどうか。

地球があるかどうか。

人口があるかどうか。

人口が増えるかどうか。

人口が増えるとGDPが上がる。

GDPが上がると株が上がる。

世界全体のGDP成長率平均は5~6%ぐらい。

 

中国のパワーはすごい。

ドローンは世界一。VRに使う機械も世界一。

中国は「これ、世界一!」といったら共産主義なので

経済と政治をコントロールできることが強い。

一点集中で大きく動ける。

 

不動産バブルがくると株バブルがくる。

そうするとサービスが良くなってくる。

この流れを読むようにする。

現在、バングラデシュが世界で一番アツい。

不動産が多くなる。

インフラが整う。これから人口が増える。(詳細理由は公開不可です)

 

このお話を伺って、なんか投資の世界が垣間見えた気がしました。常に世界を読んで、どこが熱いか見極めてるわけですよね。

おもしろいです。

 

【信用するのにどこを調べるか】

表面的な表記、その人が言っていることなどは参考まで。

その人の人脈、会社、会社の場所、社員の顔、人数など、嘘つけないところを調べる。

小さな嘘も重要。少し違う部分があると疑ったほうが良い。

 

調べられるとこはとことん調べないとですよね。今はネットとリアル両方で。

 

日本株について】

円が下がると株価は上がりやすい。

この2,3年はかなりおもしろい。

日経平均が20,000円を超えるのがポイント。

知り合いは40,000円いくのではと話す。

世界中で日本だけがバブルの後、それを超えていない。

日本株を銀行のあちこちが買い占めている。どんどん上げている。

 

この状態では多くの人が日本株を買うのではと思いますね。

ちなみに日本株は上野さんは買わないと言う。

というのも、3年後の状況が読めないから

わからないものには決して手は出さない。

勝てるものだけ投資するとのこと。

 

けっこう買ってる人いるのでは??

さっき日経平均株価18000円台でしたね。

超えそうな気が。

 

【人との付き合い】

気持ち悪い人とは会わない。これは鉄則。

どんなに良い仕事になろうが、大きなこと、ものを持っていようが、

有名な人であろうが、違和感がある人とは付き合わない。

その予感がした人は必ずどこかで亀裂が入る。

 

僕もまだまだ会っている人の数は少ないかもしれませんが、違和感はわかります。

逆に僕に違和感をもった方も離れていくのわかりますし。自分がそうするように、相手もそうする。違和感、大事ですね。

 

【なぜ映画か。】

水野治夫さんがやっていたムービーステーションを継いだ。

映画が最も人に広めやすいものだったので、映画にした。

テレビ局は自分でつくるのが大変なので・・・。笑

 

広めるツールは何を使うか?

これを考える最初のスケールが違うなって思いました。最初に何を見るかですね。 考え方一つで展開も全然ちがいます。

 

 

 

以上、現場ではありませんが中継でした。

ピックアップしたものだけでも、わりとありましたね。

 

投資の話とか詳しく聞いたことありませんでしたけど、とてもわかりやすく説明いただきました。

旅とか投資とかはかなり疎いんですが、世界の動きには興味があり、そこに紐づけるとなんだか深められそうだなと思いました。

 

 

 

 

転職したいと言う人がなぜ会社を辞めないのか、10年の研究で見えてきたこと

最近、アメブロをすべてはてブに移行したやっちです。

 

最近、

「やっちさん実はブロガーですよね。」

と言われました。

「??、、おぉ!ブロガーだ!」ってなって、また知らない自分を発見しました!

やたー( ^∀^)

先日お邪魔した、ハイパーリバ邸のトラさんを出してみる。すごい迫力だった。

f:id:yusuke871:20170326172529j:image

 

そんなわけで、毎日ブログ書きます!!

 

言ったった、、言ってしまった、、、

 

今日は6社経験している僕が10年にわたり研究を続けてきた、転職したいけど転職しない人たちが、すでに10年も同じ会社にお勤めなことに今一度、注目しました。

 

最近わかったことなんですが、

転職したい思いは確かに本気なんだけど、

転職しない人に共通すること。

それは、

 

圧倒的なめんどくさがり。

そして他でやることへの自信のなさ。

 

これですね。

まず、辞めるとなるとかなりめんどくさい。

けっこう会社の中では自信がある

でも外では自信がないんです

 

転職したい、、

会社辞めたい、、

でも、、外でやれる自信がない !!

 

そんな風に言う人は、大抵決まって、会社や上司の文句ばかり言います。

なぜなら自分はもっとやれると自分を肯定し続けなければ、押し潰されてしまうから。

そして僕はすべての会社でこう言ってきました。

 

辞めたらいいんじゃないですか?

 

嫌なら辞めろ。

辞めないなら変えろ。

変えられないなら文句言うな。

 

これが僕の持論です。

僕は変えられるところは変えてきたし、

変えられない自分の力不足を感じるところは辞めてきた。すべての環境をつくっているのは自分であり、変えられないのは力がないから。

少なくともその時点では。

 

なんかフリーランスや起業家に憧れる人が増えてますが、僕は基本的に会社はとても素敵な場所と思ってます。なぜなら、

①代わりがいる

②休んでも給料出る

③有給休暇ってなんやねん。最高か。

④みんなで出した利益の還元(ボーナス)

⑤事務が色々やってくれる。(特に経理)

⑥税金をかなり会社が負担

⑦交通費負担

⑧会社ごとの特別な福利厚生

 

問題は、

◎やりたいことができるか

◎好きなことができるか

◎自分の時間作れるか

◎人間関係は良好か

 

そんなとこでしょうか。

人間関係は永遠のテーマですね。

いやいや!!会社はそんなとこでは!

と言う人は今すぐ辞めてください( ̄∇ ̄)

 

会社の良し悪しは見方によります。

例えば、僕が前いた会社で3ヶ月で辞める人と、4年続く僕がいます。

 

新人は放置プレー。

まだ若い会社で環境は整っておらず、

上司が全員、昭和の価値観でパワハラ、セクハラを繰り返してました。

仕事の詰め込みすぎで夜は遅く、クレームは日常茶飯事。みんな常にピリピリ。

 

環境は確かに劣悪です。表面的には1ヶ月で辞めてもおかしくないかもしれません。

 

なぜ4年続いたか。

それは、会社がテキトーなおかげで自由があったからです。まずここが一番ですね。

 

そして、その劣悪な環境は、会社の全員でわざわざつくっているので

(わざわざ自分たちが苦しむように仕事を回すので)、

客観的に見ていると、自らがその環境をつくっているのに、会社のせいにしているという驚きの事実が発覚したためです。

このシステムは興味深かった。

 

もちろん僕はその気付きをシェア。

一人一人にどうしたら早めに帰れるようになるか、仕事が早くなるか、部署間の流れがスムーズになるかを話しました。

 

難しいことなんてもちろん言えず、当たり前のことを話しただけです。

するととんでもない返答があったんです。

 

 

わかってるんだけどねぇ。

 

!!

 

!!!!!

 

!!!!!!!???

 

わかってるだと!?

 

そう。

わかっていて、その上で、

夜遅くまで残り家族との時間を犠牲にし、

しなくても良い口論を社員同士で話し、

もっともらえるはずの給料には何も言わず、

休日出勤をしているんだ。

 

これはもはや人類史上初となる大問題だ!

 

よーく考えてみてください。

 

例えばですよ。

みかんの皮の剥き方がわからなくて、

いつもナイフとフォークでものすごく時間をかけてみかんを食べる人がいるとします。

みかんを食べるなんて荒療治は、その人にとってかなりのストレスです。

 

f:id:yusuke871:20170326230614j:image

 

その人に僕は教えてあげます。

この真ん中のとこをこうやって、、

ほら!お食べ!

 

「なっ!なんと!ものの数秒じゃねぇか!」

 

その人はみかんをたくさん食べるようになりました。あぁ、よかった。

 

ここで、

その人が顔をうつむきながら、

 

わかってるんだけどねぇ、、

 

と言って、ナイフとフォークでみかんを食べ続けていたら、それはそれは僕は悲しみます。

 

これ、ほんとに同じことですからね?笑

冗談抜きに。笑

 

 

 

そんなわけで、

転職したいって思う人は、

まずは思ったほど会社は、悪いとこじゃないことを知りましょう。言われるがままに、仕事をするのをやめましょう。

 

転職したい気持ちはわかったから、

いるならちゃんとやれ。

 

 

嫌なら辞めろ。
辞めないなら変えろ。
変えられないなら文句言うな。