読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

誰とやるか。再認識。

こんにちは(^∇^)

何をやるかではなく、誰とやるか。
これは本などでよく言われること。

最近心からそれが大事だと思うんです。
自分だけでがむしゃらに突き進むことができる人はどうしても足りない部分を補うだけでいい。

でも、自分だけで進めない人もいる。
だから人の力を借りて生きていく。

それは頼りっぱなしとかおんぶに抱っことかの甘えの意味ではなく、頼ることで想像し得ない何かを生み出せること、頼ることで別の何かに時間を費やせること、頼ることでお互いの信頼関係が築けるとか、そんなポジティブな意味合い^ ^

何かをお願いする時に、まず相手にとってこれをやることにどんな意味があるのかを考える。
メリットがなければ、相手はただの気分で引き受けることになり、めんどくさければ適当な理由をつけて断ればいい、となる。
こちらの都合で一方的な押し付けの場合、基本的にはお金を払うことになる。

この人が頼むことなら引き受けよう。
自分にとって良い経験だ。
単純におもしろそうだからやってみたい。

色んな理由があるけど、
とにかく相手にとってどうか考えながらお願いすると、お互いにうまくいくことが多いんだどうやら。世の中ではwinwinとかよく言ってたけど最近聞かなくなったなー^ ^

そういえば勉強すればするほど、本を読めば読むほど、みんながわからないような言葉は使わないようにこだわるようになりました。
別に嫌とかではなく、自分の中のただのこだわりです^ ^

winwinもそうだし、ジョインするとか、メンターとか、シェアするとかなんでもいいんですが、なんとなく時代に沿うような、わかったような気になる言葉?

いつの間にか、あまりそゆこと言わない人との輪が広がってきたような^ ^

言葉、しぐさ、趣味、価値観etc...

色んな判断材料があって、その人を判断するわけだけど、根拠のないフィーリングこそ一番信頼できるもの。

この人だ!って人と楽しいことして365日を過ごしたい。

2ヶ月後にやることを決める。
それに向けて一緒に何かしたい人と色々考える。そのワクワクは想像し得ない気持ちにつながって、新たなワクワクを生む。

3年後にこうするために、今はこれをやる。
こんな長期的な計画も、ワクワクを加速させる。どんどんどんどん、この人だ!って人が増えてって、すごく大きな力になり、よりたくさんの人を巻き込めるようになれたら。最高!

大きなイベントがやりたいわけじゃない。
みんなでわいわい騒ぎたいわけでもない。

"こんなことやりたいなー"の想像を、

"できない"

から

"できそう"

そして

"できた"

につながる過程と結果。
これを楽しんでるんだ。

自分一人だけじゃ、できないで終わる。
想像できないことはできないからだ。

一人、二人、三人と想像につなげられる、つなげてくれる人が現れる。

すると、あれ?できそうだぞ?
ってなって、いつの間にか具体的な想像ができるようになってる。

そっからは必要なものを集めて、
整理すればいい。
あー。揃っちゃった。
あとはやるだけじゃん。
そこからは度胸、勇気、自信のスパイスを!
一歩踏み出せ!!

誰とやるか。
これ、大事。