読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

不都合な不運⑦

こんばんは^ ^

過去を振り返る不都合な不運シリーズですが、珍しく最近の出来事、というより昨日の悲劇をアップ致します。

※閲覧注意※
エイリアンの画像が入ります

その日、僕ら夫婦は思い出した。
 ヤツらに支配されていた恐怖を...
鳥籠の中に囚われていた屈辱を…

〜3年前〜
僕らの城に住んで4年目になりますが、住み始めた最初の1年目、僕らはエイリアンに出会いました。マンションの主なのか、僕らが住む前の主だったのか定かでありません。
それはもう、リビングでくつろぎ油断している所へ、それは現れたのです。

Gがかわいく見えるほどのでかさと速さ。
キャンプで虫に慣れていた妻と、幼少時代Gをつかんでいた僕(今はムリ)。
そんなに虫に弱いとは思えない夫婦。

が!!
そのエイリアンだけはダメでした。

どうする?
どーする?
ドースル?

アニメ"スラムダンク"に出てくる、
主人公の桜木花道のチーム湘北が、
監督不在の中で強豪•陵南に追い詰められ、
途中でとったタイムアウト

まさに、心境的にはそれだったのです。

まず試したのはゴキジェット。
これは、様々な虫に試してきた猛毒でしたが、そいつにもくらわしてみました。
しかし、全く効かず。
というかものすごく敏感で、何かするとすごいスピードで動きます。気持ち悪っ!

次にキンチョール、次に蜘蛛の巣バリアetc

効かない!!無敵か!
ここはもう、物理的に捕まえるしかなく、、、

ダンボールと箱を用意し、
ダンボールに引き寄せたそいつを、箱で覆い、外に逃がす方法にしました。

死闘を繰り広げる中、どうにかベランダから、主をポイッと。主なのに。

これは僕らが引っ越してきた際の洗礼なのだと、妙に納得できるところがありました。

二度と会いたくない。
ただ、それだけを願いました。

1年が経ち、2年が経ち、
毎年なんとなく意識してしまう暑い時期、
主は全く現れませんでした。
平和な夏が続いていたのです。

•••あれから3年。
昨夜、妻がトイレのドアを開けた瞬間、絶望の淵に落とされることとなったのです。
夕食後の皿を洗おうとした瞬間、妻の悲鳴が聞こえました。

なにごとか!!

f:id:yusuke871:20150810125636j:image
•••
f:id:yusuke871:20150810125640j:image
おかえりなさい!!

主が現れた!
二度と会うことのないと思われた主が!

なんということでしょう。
皿が洗えないじゃないか。

経験のある方は多いでしょう。
時間を忘れるほどのにらめっこ。
目の前の現実をしばらく受け入れられない状態です。

以前同様、ダンボールと箱が支給された。
今回はホウキ付き。

ホウキを使ってダンボールに引き寄せ、
箱をかぶせるのだ。また外にポイ。

この作戦は今回の場所では非常に困難を極めた。なにせトイレ。密室。
ベランダまでは遠い。玄関のほうが近いので、そちらから。途中で落ちる可能性は十分にある。それでもやるしかない。

f:id:yusuke871:20150810132331j:image

まずはゴキジェットで威嚇。
とにかく動かすことが大事だ。

ホウキで引き寄せダンボールに乗せることに成功、箱をかぶせたが逃げられた!
トイレの裏からしばらく動かない。

ダンボールを警戒し出した。意外と頭が良いのか?

どうにか引き寄せ、再びダンボールの上へ。
とっさにひっくり返し、便器の中へ。
ものともせずに這い上がってくるので、大で流しました!!

主を流しました。
今回は、流してやりました。

恐怖でへろへろな僕ら。
冷や汗混じりの汗だく。
長い戦いでした。

二度と会いたくない。
でもそれは必ずまたやってくる。
僕らの戦いは始まったばかりだ。

〜教訓〜
普段は忘れてしまっている恐怖に打ち勝つことが、本当の意味での自分に勝つということだ