読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

今日の衝撃脳①

こんにちは^ ^

お盆も終わりますねー!!
帰省、御墓参り、普段会えない友人と会ったり、本を読み漁るなど、自分なりに充実しておりました。
f:id:yusuke871:20150815191813j:image
f:id:yusuke871:20150815191845j:image
f:id:yusuke871:20150815191855j:image
最近は長期休暇はあっという間に終わってしまうものと受け入れているので、感覚的には土日と変わりません。毎日がサザエさん

今日、素敵な映画に出会いました。
"しあわせのパン"

これからの妻との、家族との暮らしをどうしていこう?
これからの働き方はどうしよう?
拠点をどこにしよう?

色んな思いが渦巻くこの頃、
なんにも制限がないとしたら言葉にするのは難しくとも、なんとなくこういう暮らしがしたいんだなという思いを具体化してくれた映画でした。定期的に何かしらのイベントで溢れているのは間違いないですが(^∇^)

妻は縁側が大好き、江戸時代が大好き、音楽が大好きだから、もう少し雰囲気は違ってくるのかななんて思ったり^ ^

2人で考えることで、自分だけでは到底辿り着けない未知の世界がありますよね。それが楽しみで楽しみで。

あ、タイトルの衝撃脳ですが、その人の考え方や言葉に感銘を受けた時に書き連ねていこうと思いまして。なんとなく浮かんだ言葉です。
衝撃を受ける脳の仕組みや考え方=衝撃脳

"気乗りがしない仕事でも、キャリアのために仕方なく引き受けるという考え方は最低。そこから何かを学ぶべき"  byジュリアン•ムーア

つい先日の仕事で色んな方からその雰囲気を感じました。プロじゃないな、もう一緒に仕事したくないなってすごく思ってしまった。
やりたいことだけ一生懸命やるってどんだけえらいんだ。やりたくないことが小粒でも混じってるから、やりたいことが際立つんでしょ。

"大きな選択を迫られた時、自分が90歳になったつもりで今を振り返り、どんな決断をしていればよかったと思うのかを想像する"
byニック•ウッドマン

この考え方はなかった。
大きな決断をした後、それを良い方向に導き、3年後、5年後に良い決断だったと胸を張れるよう最大限の努力をする、というのがモットーでした。おじいちゃんの自分ならどう思うか?ちょっと取り入れてみようと思いました。