読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

TABIPPO主催 旅大学inしみなおゼミ

こんばんはー(^∇^)

昨日はTABIPPOさんが主催する旅大学に参加してきましたよ!^ ^


旅を軸にした様々なことが学べる旅大学。
その中でも、"旅するように働き、旅するように生きる"というテーマにてTABIPPO代表のしみなおさんからお話を伺ってきました。
しみなおさんはとてもおもしろい方(^O^)
ツッコミ担当ということで、ボケの自分はすごく良い相性を感じるのでした。

f:id:yusuke871:20150903155933j:image
TABIPPO代表  清水直哉さん

TABIPPOさんの取り組みは本当にシンプル。
"旅っておもしろい。もっとみんなに旅を知ってもらい、旅のおもしろさを広めたい。"
この思いをweb、セミナー、イベントなどで形にしているわけです。

僕は、
"自分と周りをとても大切にしている人たちが
これをやってみたい、これをもっと拡散させたい、これをもっと育てたいってゆー思いを応援できる場所がこの世には必要だ"
と思い、その思いの形がコミュニティでした。
webとイベントですね。

旅なら旅、料理なら料理、スポーツならスポーツというカテゴリーがあるのでわかりやすく、興味を持つ人も決まってくるし、リピーターが多いことも頷ける。

そんな中、僕は漠然とした、抽象的なコミュニティを運営することとなった。
カフェ、映画、音楽、ムーブメント、本、アジアが好きという思いを込めたCambaという名前。"好きを形にする場所"

何をやってもいい、でもこだわりは強い
誰にでも発信権がある、でも規制は強い。

なんてわかりにくいんだ。笑
そりゃそうです。言葉にできないんです。
ルールを厳密化してしまうとその中の枠組みでしか何かが生まれない。
ニュアンスで捉えてくれる人、そもそもそういった人同士が交流できる場所にしたい。

ルールってなんでできるか知ってますか?
最初からある縛りとか、囲い込み?

自由に野に放った時に、危ないところに行ったり殺したり破壊したり貶したりという、無駄なことが起きるから。
でもルールで縛ったって、元々そういう人なんだからストレスになりますよね?
いつかは爆発しちゃうかも。

だったら、自由に野に放っても無駄なことしない人同士が集まったほうが、ストレスも伝染しないし変なことも起きないでしょ?
そう考えました。

んな簡単にいかないでしょってみんな言う。
僕からしたら、じゃあ誰かやったことあるんですか?って話。
誰も証明することができないことを何を根拠にそう言うのか。

世界中の全員と仲良くなれなくていい。
でも、この場所は絶対信じられる!
そんな場所があったっていいじゃないか^ ^

納得のいく実現に何年かかるかわからない。
現に、3歩進んで2歩下がるような、下手したら3歩下がるような状態です。

それでも僕は1人でも素敵な人に出会えてる。
1人いたら、100人いるんじゃない?
ってゆー単純な考え^ ^

そんな素敵な人探しの旅が楽しみで仕方ないんだ。さらに、そんな人同士がどんな会話をするのか、どんなものが生まれるのかも楽しみ。

TABIPPOさんとの出会いで自分を見直せたな。
次回も楽しみだ( ̄▽ ̄)