読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

三人寄れば文殊の知恵

こんにちは!

今日は下北沢の素敵カフェで友人たちとランチ。有意義な時間を過ごせました(^O^)

〜モワカフェ〜
f:id:yusuke871:20151017172644j:image

最近、滅多なことでは個人と個人をつなぐってことはしませんが、これはつなぐべき!!
ピキーン!とセンサーが反応した時は、それに従うようにしてます。

案の定、お互いにとっての貴重な時間にできたんじゃないかって確信してます^ ^

世代間での価値観の違いや、根付いているおかしな会社環境、経営者側の気持ち、社員側の気持ち、お金の回し方、各々どのような変化があって今に至ったのか。

全く違う環境を生きている3人が、お互いの考えを素直に、自分の言葉で表現し、一つの話題を話し合う。
その気持ちが熱ければ熱いほど、やっぱり伝わるし、心も動く。

◯自分をどこまで大切にするか?
これ、僕の今日の最大級の衝撃テーマ。
全てを大切にすることは難しい。
かといって捨てるの?それができるかどうか。

"自分を大切に"は、よく聞く言葉です。
大切にしてる方、そうでない方いると思います。ただ、自分を大切にするというその範囲について考えると、どこまでなのか答えにくいのではないでしょうか。

自分を大切にして自分のやりたいことに正直に突き進むと、今いる環境で大切にできないものが出てきますよね。

僕は自分という軸を、自分の枠の中だけから広げ、妻や友人たちも自分の軸に入ってることに気付いたんです。
自分を大切にするってどういうこと?って問われたら、"大切な人たちが笑っていること"
まだ未完成かもしれませんが、これが一番しっくりきたんです。

周りの人たちを大切に考えることが、結果として自分を大切にしている。どこまで考えるかの範囲は、その時の自分が浮かぶ人たち。
ずっと、表面的にだけ人を大切にしていたのではと思います。今は自分軸の中に大切な人たちがいる。意味が全然違います。

苦しみが伝わる。悔しさが伝わる。嬉しさが伝わる。自分のことのように。

すごく勉強になりました。
友人同士でお茶してるレベルじゃない。笑
お金払ってセミナー来てる感じです^ ^