読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

リア充とか意識高い系って言葉に違和感を隠せない話

こんにちは(^O^)やっちでございます。

 
妻の友人が泊まりに来て、
女性が家にいるというだけでこの緊張感。
窮鼠猫を噛むような感じ。
 
そうそう。
リア充とか意識高い系って言葉の意味がわからなかったんだけど、自分が言われてみてなんとなく察しました。
 
別に行動としてはなんら変わらなかった10年前ぐらいはそんな言葉聞かなかったんですが、世の中の流れでそういう人が増えてそれに対して誰かが言葉として付けたんですね。
 
何か特別な人や文化を見つけると、人って名前をつけたがるから面白い。
四角大輔さんや本田直之さんのお話でモバイルボヘミアンという言葉やノマドという生き方を指す言葉が出てきたりと、それに乗っかりまた別の人がその言葉を使って記事にしたり本を出したり。メディアがそれらを広げればそれを意識する人たちが今の自分の立ち位置に疑問を抱いたり。
f:id:yusuke871:20160507081252j:image
世の中の流れが変わっても根本的に変わらない部分があるから、それさえ大事にしてたらいいんだけど、色んな人に会ってて「これが正解」みたいに信者になる人がおります。
すごいことを知ったから、自分は特別と思いそれを推し進める。
特に世の中の勉強をしていない人たちはそれを見てその人が「すごい人」のように映る。
そうするとそれがリア充だったり意識高い系として分類されるんじゃないかって過程を立ててみました。どうでしょう?^ ^
 
はい、浅はかすぎてすいません。
通勤途中の戯れ事です。
そしてそれを踏まえて思う事を。
 
そんな領域にいない人たちは意識の高い低いの問題ではなく自分自身に正直に生きているだけで、かつ心の階層を深海まで奥深くに突き詰めれば突き詰めるほど、益々自分自身を認知して研ぎ澄まされていく。
f:id:yusuke871:20160507084201j:image
人生において、
【自分自身をどれだけ知ることができるか】
ってことが、とても大切ですごく挑戦のしがいのあることだと思います。
 
多くの人は自分のことを知らずに死ぬ。
洗脳の中で、井の中で生きてしまったがために。こんな悲しいことはありません。
気付けた人、そして突き詰めていける人は幸せに思います。
 
自分を突き詰めて知るには並大抵の行動では浅い部分で終わってしまいます。
そのためにはモデルロールとなる人の行動や考え方を取り入れてもいいし、自己発見セミナーのようなものに参加してもいいし、師匠をもち導かれるのもいいし、日常の中で仕事、遊びすべてにおいて色々なチャレンジをしてみるのもいいと思います。
要は外の力を借りるので、行動あるのみということですね。
 
僕は「あ、これやりたいな」という衝動を大切にしていて、これまでの経験うんぬんは置いておいて、やりたいかやりたくないかだけの物差しで考えてみてます。
思ったことをとりあえず形にしてみて、形にしてみてどうだったか考えて、経験としてインプット、それを踏まえてまたアウトプットする実験を繰り返しております。
 
ちなみに皆さんにご迷惑をかけっぱなしであることは言うまでもありません。嫌な顔されても仕方ないと思っております。振り回してすいません、でもやりたいんです。
また、なるべく【お金を払ってでもやりたいこと】をやるようにしてます。
特に4月から始めた「生きる。」のイベントはそうです。近々ですが来れそうな方は是非。
 
色んな実験を繰り返していたら、
無論、自分がどんどん見えてきました。
でもまだまだ浅はかです。もっと知りたい。
 
僕は色んなことに興味がありすぎて、そして色んな人に興味がありすぎて一つに没頭できないクセがあります。いつからかそれを強みとして転換できた時に行動が加速したように思えました。
f:id:yusuke871:20160507084953j:image

尊敬する本田直之さんは、

「人生は壮大なる実験」と言います。
この言葉には感激しかありませんでした。
 
何年かかってもいい。
自分を知りたい。そのために色んなことしたい。今後も僕の物語は続きます。