読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

楽に生きるための3つの思考

こんばんはー(^O^)

誰にでも訪れる苦しい時期。
特にいろんな人の生き方が見えてしまう今の時代、自分の生き方に悩む人は多いのではないでしょうか?

f:id:yusuke871:20160608233534j:image

僕もその一人で、苦悩続きでした。
数々の不幸や危険を経験してきました。

ぼ〜っとしてると深海に沈んでしまう気がして、とにかく行動することで気を紛らわしていた時期がありました。
でもそれは前に進むためのものではなく、
単に自分の心を落ち着かせるための、タバコのような(僕は禁煙者ですが)酒のような、そんなものだったのです。それでいいんだと思い込んでいるので、冷静になって自分を見れない。
何かをやっている自分に酔ってる状態です。
この状態に陥っている方は意外と多いんです。

少し気づいている人も、
そんなことは誰にも言えるわけがないので、
ひたすら走り続けます。

少し気づいているぐらいの時が本当に辛い。
余念は心に揺らぎを与えます。
とにかく色んな所に行ってすごい人から刺激をもらう。自分が強くなった気がする。
知った気がする。周りから抜きん出た気がする。優越感が生まれる。

天然の人はいいのです。そのままで。
周りの影響で無理をしてる人は、
そのうち倒れるか、鬱になるか、ストレスでなんらかの症状が出るかもしれません。
頑張る人ほどそんな傾向がある気がして、
いたたまれないのです。
(※必要な変化のために体にムチを打つ行動は別です)

僕のようになんの特徴もない、
趣味だけは多いようなサラリーマンが、
著名な方や独立されている方などとがんばらずに接することができ、色んな活動をされている方を見ても特に自分を卑下しない3つの根拠をお伝えします。
「背伸びしない」がポイントです。

①明日死ぬかもしれないので人間同士の地位や経済力を気にしても全く意味がない

例えば明日隕石が降ってきて地球が爆発するとします。自分と隣にいる人が世間での評価の良し悪しに差があったとして、それを気にする必要がありますか?
生きてる人間同士がただそこにいるだけなのです。

②自分軸をひたすら確かめる

人にとって良いこと、社会にとって良いことをやりたいと思うのは人間の素晴らしい特徴かと思います。ですが、「そうあるべき」の渦に陥っていませんか?
自分はどうするのが心地良いのか、どんな人といると安心するのか、何が好きなのか、
1日だけ自分を見つめても色々とわかることってあります。世間体を気にしてつぶれてしまうのは、もったいないことです。

③「この人がいれば大丈夫」な人をもつ

あなたにとってのベストパートナーは誰ですか?友人?恋人?家族?
世界中から嫌われてもこの人と一緒なら頑張れると言い切れるパートナーがいると、どんなにヘコたれてもまた立ち上がれます。
一日一日の人との繋がり、関わり方を考えることで、一歩一歩積み上がっていくものと思います。ノウハウ、方法ではなく日頃の感謝の気持ちが相手に伝わることが大切と思います。

僕はどれも欠けていて、
ただひたすら流されるがままに、
あちらこちらに動き回ってました。
何か違うような?という疑問を持ちながら。

今はとても楽でいられます。
この思考をもってからが、スタートです。
その土台の上に色々なものが乗せられていく。
揺らがない土台の上に。

苦しいけどなんで苦しいのかわからない人が、
少しでも楽に生きられるよう、
これからもブログや毎月行っている
「生きる。」のイベントの中で伝えていきたいです。

今月の「生きる。」は
中目黒にて、6/18 12時より。
是非\(^o^)/