読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

あいぼんと幸せについて本気出して考えてみよう

生き方 自分なりの答え

最近、抽象的な自分を意識して封印していたのでそれを承認して解放します。時々。

ちゃのくんで11/9(水)トークライブ未満、飲み会以上のまじめ過ぎずゆるすぎずなイベントをやります。それがこのイベント。

あいぼんと幸せについて本気出して考えてみよう】
https://www.facebook.com/events/1597932263835896/?ti=icl
(あと7名です。参加ボタンか直接メッセージください)

みなさんにとって幸せってなんでしょうか。
世界中を回ること?家族がいること?
お金があること?夢中になれるものがあること?好きなものに囲まれること?
愛する人、愛してくれる人がいること?

[
みなさんにとって愛ってなんでしょうか。
人に優しく在り続けること?
おじいちゃんおばあちゃんを助けること?
泣いている人がいたら声をかけること?
ただ人を愛すること?
あえて厳しくして教えること?

21世紀って幸せの概念が多種多様に現れ、
【一般的な幸せと思われること】を個人に当てはめるのがとても違和感のある時代になりました。

幸せって、その人が幸せに感じることが幸せなのであって、そもそも決められたものじゃないですよね?
そしてそこにあるものというより、既にある幸せに自分がどれだけ気付くかってことだと思うんです。その「気付き」を妨げているのが、これまで言われてきた【幸せの概念】だと思います。既に幸せなのに自分を不幸せだと思ってしまう罠はここにあります。

【幸せの概念】と比べて、今の自分の立ち位置はどうか。

そうやって考えてしまうと、幸せの概念以上の人は幸せ、それ以下の人は不幸せというなんとも不思議な構図ができあがる。
本人と世間の目がその世界を創り出します。

そして世間の目を気にしすぎた結果、
本来の自分を見失います。自分の在り方を忘れてしまいます。

自分だけで考えて、自分が今幸せかどうか、
どんな幸せを手にしたいかなんて考えられる範囲はたかが知れてると思います。
色んな体験の中で、一生をかけてどんどん幸せを見つけることこそ、幸せな人生だなって思うんです。

そんなわけで、是非、幸せについて考えるきっかけとなるような時間を設けられたらと思いました。

そこで、幸せや愛というものすごいパワーを人に与えてくれるなって確信した人をゲストでお呼びしました。あいぼんです。
短時間でその人の細胞レベルまで届く幸せを振りまける人ってなかなかいないんですよね。僕もじっくり派なので。

シールドを張らずにありのままの自分であいぼんの話に耳を傾けてみてください。
忘れていた大切なものを思い出したり、誰かに会いたくなったり、自分はこんなことがやりたかったんだと気付いたり、色んなことが起こると思います。

その場にいる皆さんとカレーとかき氷とお酒を目の前に、語らいながら幸せ空間を創れたら、それこそ幸せに思います。よかったら来てみてください。