読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

原田まりるさんの本がアツい。実存主義が教えてくれる、自分の心の整理

やっちでございます。
アメブロでは純愛伝道師、はてブではただ、徒然なる感じたことを書いてます。

さて、ある本にのめりこんでおります。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。】
http://diamond.jp/articles/-/104301?display=b

↓内容Amazonより抜粋

京都を舞台にした「実存主義哲学」入門のエンタメ小説! !

「私はニーチェだ。お前に会いに来てやった」
目の前に立ちはだかった男は、たしかにそう言った。
「えっと、すいません人違いじゃないですか?」
「今日、縁切り神社で、お願いしただろう? 悪縁を切り、良縁を結びたい。これまでの古 い自分から、新しい自分に変わりたい、と。
私はお前を〝超人〟にするために、こうしてやって来た」

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。
ニーチェキルケゴールサルトルショーペンハウアーハイデガーヤスパースなど、「実存主義の哲学者」たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、〝生きる意味〟とは何か、を教えていく感動の物語。

【登場人物】
児嶋アリサ…京都市内の高校に通う17歳の女子高生。

~アリサが出会う「実存主義の哲学者」たち~

ニーチェ…オタク気質なスマホアプリ開発者
キルケゴール…ミステリアスなカリスマ読者モデル
ショーペンハウアー…クラシック喫茶を営む頑固オヤジ
サルトルガールズバーの経営を手がける中年実業家
ハイデガー京都大学の名物教授
ヤスパースニーチェの友人の精神分析



•••そんな感じです。
僕はとにかくニーチェのキャラが好きですね。自由さと頑固さと心強さと。
(TKプロデュースみたいになった)

ニーチェは主人公のアリサに必要な時に必要なものを出現させるのみで、背中は押すものの、基本的に選択をさせている。

自分で選択するから、どんどん成長できて、これまでの自分を振り返ることができる。

流されずに周りで起きている事象の整理がつくようになると、今度は自分の考えをもつことができる。

自分の考えを深めていくと、自分の哲学が生まれる。確固たる自分が確立される。

こうなると人は、あらゆる場面で自分の選択ができるようになる。

自分の選択は人にも環境にも左右されない自分だけの選択なので、それが良い悪い、できたできないも自分で決めることができる。自分で評価する。

ここで最近特に周りで起きている現象は、
自己中と勘違いする人がいること。

他人の評価や基準を気にしないことと、
自分をしっかりもつことは違う。

むしろ、他人の評価や基準を自分の中に取り込む。それで気づく自分もいる。

それを無視して、
「わたしはわたしだよ!」って拒否してたら、それはただの自己中。

全部受け取る。その上で自分はどうか。
それが、自分が自分であるということ。

「あぁ、そっち系ね。」って人の話を勝手に、素早く、判断する人がいる。
フォルダがあって、整理したがる人。

そういう人ほど、個性や、みんな違ってみんないいや、人それぞれや、本当の自分を出していこうなどと口にする。
他の誰でもない相手を尊重せずにカテゴリーに分類しているにもかかわらず。

それも自己中の現れで、頭をからっぽにして人の話を聞けない。

僕も数年前に結婚するまでそんな人間でした。だからこそ、気持ちがわかるし、勘違いしてほしくないと強く願い、こういう話をしているんですが。

ほんとの意味で「自分は自分でいいんだ」って強く頷きたい人に是非オススメしたい本です。