読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

イベントキャンセルから浮かんだ優先すべきやりたいこと

こんばんはー(^^)

26日に高尾山企画をしてましたがやめました。お声がけした方、お騒がせしました。
なぜか?

自分がイベント立てる基準が【やらなくて一生後悔しないかどうか】だからです。
この人の話をみんなにも聞いてほしい!とか、音楽でみんなと一つになりたい!とか、みんなで角煮食べたい!とか。
だって、愛する妻をさしおいてイベント立てるんですよ?半端じゃないですよほんと。

昨日の夜、なんとなく思いました。
あれ?大して高尾山行きたいわけじゃないぞ?と。家の周りにも紅葉も植物もあるぞと。じゃあいいじゃん、と。

それで、高尾山行かなくなったからどうしよっかなって思ったのが、相談会!
矢内悠介の無料相談会!

僕、スキルも資格も知識もない人間だけど相談をよく受けるんですよ!いろんな人から!学生さんからめちゃくちゃ活躍するベテランのお方まで。
「このスキルで困ってるんだ。こんな人いない?」「出会いがないんだよな。」「転職しようと思うんだ」「今、こんなこと起きてて。矢内はどう思う?」など。

先日、安藤 美冬さんがサロンでなんでも聞いていい質問会を開いてくれたんですけど、ほんとに多岐にわたるあらゆる悩みがみんなにはあって、人生多種多様、十人十色だということを改めて知りました。

だからこそ、プライベートな他言無用の空間を約束して、みんなで話せたらいいなって思いました。誰かの一言が世界を変えるかもしれないから。
誰かにとっての大きな悩みは、誰かにとってはとても小さいものだったりします。
誰かにとって小さいものも、誰かにとって大きな悩み。

そんななんにもないようで実はなんでもあるような、濃い時間を定期的に設けられたらいいなって思いました。