読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

結婚するのが目的ではなく幸せになるのが目的だったはず。

{08347D7D-0902-4BAB-AA7C-98EC2E73C1BA}

こんにちは(^O^)

 
今日も圧倒的に結婚には遠い男だったやっちが
自身を振り返ります。
 
結婚を考えた時、どんな相手を想像しますか?
 
顔。
性格。
年収。
仕事。
価値観。
バックヤード。
セックスの相性。
 
 
 
 
 
それでは、、、
 
 
 
 
 
その理想のすべてを持っている相手と出逢い、
結婚したとします。
 
 
 
 
 
 
 
 
やりましたね。
おめでとうございます!
 
 
 
 
 
 
 
 
結婚してすぐハネムーンでハワイに行きます。
ハワイで二人は幸せに過ごしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ある日、事故が起きます。
相手は何もできない体になります。
かろうじてできることは話すことぐらい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうしますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
別れますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結婚ってそういうことだと思います。
本当に。きれいごと抜きに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何があるからじゃなくて、
相手を愛してるかどうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相手の存在が愛おしいのか、
世界の誰かがつくった基準の何かが好きなのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう思えば、
素敵な人と出会える確率は10倍以上に膨れ上がると思うんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕がそうだったから言いますが、
作られた枠組みから相手を探すから出逢えないんですよね。この人ムリって思った人が実は最愛の人かも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうですか?