読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

「結婚したから大丈夫」ではなく、「結婚したからより考える」

どうもどうも!

純愛伝道師のやっちです(^∇^)
 
参考に「出会い」関連のweb記事をたくさん見てます。知識も経験値も思考力もめちゃすごくて、「えー、そんなに色々考えられんよ、、」
と不器用なやっちは思ってしまった。
やっぱり出会うまでは少々として、
出会ってからのパートナーシップで大切なことを発信するのがやっちの醍醐味だなって感じましたね。
 
さてさて、
結婚すると、意識してても無意識でも、
感じることがあると思います。それは、
 
結婚してるからちょっとやそっとのことじゃ心が離れることはないだろうという油断。
{77D3C353-14FD-41E1-A93C-7696075D2E9A}

「なにを!!結婚するぐらいだからそれはそれは
深い繋がりをもっているのだろう!」
 
と言う方もいるでしょう。
それでは、なぜ離婚する人が後を絶たないのか。
結婚してからの意識の問題もあるのではと思っております。ここに注目。
 
「逃げられないよう早めに捕まえとけ」
という言葉があります。
早めに行動する人は賞賛します。
 
結婚のイメージが湧かない!いつ決断してるの?
 
ただ、早めに捕まえたものの、
安心するのは早いのです。
そんなわけで、油断すると足元すくわれるポイントをまとめました。
 
◽︎完全に自分のものだと思っている
{ADBEF2E2-9B40-4BF9-95AA-D1288B7D1B58}
契約を交わしているので当然そう思うのも無理はないのですが、相手は人。
いつ心変わりするのかわかりません。
いつ素敵な人が現れるかわかりません。
やっちも毎日ビクビクしております。
 
世の中には相手がいるからこそ燃える人もいるということで、足元すくわれないよう気をつけないと。
 
◽︎すべてのことを平等に分配する
{C5F76484-4FAD-4D98-B859-1D10002EB680}
一見、美しく見える平等性。
しかし現実は平等ではないということをさっさと認め、できる限り自分にできることはやっていきましょう。特に家事のバランスは究極的に問題になりやすいです。相手も不安を溜め込みやすい要素の一つ。やっちも睨む目やため息にビクビクしております。
足元すくわれないよう気をつけないと。
 
◽︎男だから、女だからという概念をもつ
{03D67569-1013-4BC6-821A-43746604177E}
結婚すると、今まで抱いていた男はこう女はこうという概念が、例え自分がハッキリと頭の中で考えていなかったとしても潜在意識の中から出てきます。男も女も関係ありません。
仕事、育児、家事などその時に適任だと判断したほうがやる。もちろん、話し合いの上でです。
妻に料理を作ってほしいという夢を持っていたやっちは、毎日作ってもらっております。
しかし時折見せる妻の、ぐったりしてるけど気合い入れ直して料理しているのを見ていると、自分がやるべきかとビクビクしております。
足元すくわれないよう気をつけないと。
 
◽︎けっこう無理言っても許されると思っている
{5B9572F5-EFD2-4370-A406-F26C78AEAE67}
苦楽を共にする仲。一生の伴侶。
確かに無理なお願いも出てきます。
ただ、それが当たり前だと思わないこと。
「仕方ないなぁ」と言いつつ眉間に寄るシワの力強さは並ではありません
時々だからこそ、許されるということを再認識しましょう。困った時はお互い様。
足元すくわれないよう気をつけないと。
 
 
 
 
自分への戒めのようになってしまいました。笑
「結婚したから安心」ではなく、
結婚をしたからこそ気をつけたいことがたくさんありますね。