読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

人の記事で泣くことってそうそうない。この二人は違った。

やっちです。

明日のイベントに登壇するアフロマンス氏とあんちゃ氏の記事を改めて見返してました。

出会った時から色々拝見してますが、今だからこそ感銘を受けることがたくさんある。人を感動させることを自然にしている人たちです。本人たちにそのつもりはない。生き様が美しいから、僕はついつい目を奪われてしまいます。

アフロマンスさんの記事の、イベントを行う際に気をつけていることなどの記事を拝見した時は、みんなにとても優しいなぁと思って涙しました。こんなに優しい人が、あんなに派手なパフォーマンスやイベントをやるんだと改めて思い、その裏にある思いは強烈に広くて深くて、だからこそ人が安心して足を運べるんだって思いました。

あんちゃ氏の記事は、いつも自分に全力。
そして自分に全力だから、それが読む人の背中を押す。上から目線だったり周りのすることに文句を言っているように感じる人もいるだろう。逆だ。
言わない人の方が世の中多くて、それをあえて言ってるんだ。彼女のブログは、とてもたくましくて、あえて言わなくても良いことをハッキリ言う。
そんな優しさ、なかなかないと思う。過去にどれだけの苦悩があったかわからない。苦悩した分、人に優しく在れるんだと、僕は涙しました。

料理だって、写真だって、商品を販売するのだって、マーケティングブランディング云々もあるけど、原点は優しさだと思う。関わる人にいかに優しくいられるか。もちろん、自分自身にも。

やり方は世の中にたくさんある。
常に改良してより良いものにする必要がある。それを抑えないと、形が作れないし流れもできない。自然に人は集まらない。
そこは自分の努力。

でもその先もずっと続けられる人というのは、多角的な目で関わる人を見て、優しく在れる人たちなんだと思ってます。
ある程度お金を得たり流れができると、「こなす」のみになる人が多いけど、大切な人を大切にできる人たちは、やっぱり集まる人も安定して増えてきますね。

お二人のこと、ほんとに尊敬してます。
だからこそ、学ぶだけでなく横に並んで何かできたらいいなと思ってます。

◾️アフロマンス氏の感銘を受けた記事

【イベントなんて、辞める理由がたくさんある。】
http://afromance.net/feature150510

◾️あんちゃ氏の感銘を受けた記事

【ブログのせいで人生計画が全部狂った私の2016年。】
http://www.mazimazi-party.com/entry/2016