読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

アフロマンス×あんちゃ つい参加したくなる企画と発信の組み立て方とは?

やっちです。

先日はパーティクリエイター/DJのアフロマンスさんと、プロブロガーのあんちゃさんをお呼びしてのトークイベントを開催しました。

ご来場いただいた方々、ありがとうございました。

 

リアル・webを問わず、日々私たちは集客と発信を繰り返しているのではないでしょうか。仕事だけでなく遊びでもそうですよね。人を集める呼びかけにWebを使うと思います。ただ、発信をやりっ放しにしていたり、

イベント開催をしても人が集まらないなんてこと、ありませんか?

どうしてフォロワーが増えないんだろう
どうして人が来ないんだろう
と思うことも多々あるのではと思います。


色々勉強するものの、結局同じやり方を繰り返してしまったり、日々の忙しさで分析に時間をかけられないこともあるかもしれません。

僕自身、ゼロから場を育てるにあたり、
人が集まる仕組みとはどのようなものなのか、300人枠に28万人の人が応募するイベントの仕掛けブログスタートから4ヶ月で37万PV、1年で70万PVを集めるなど、既に短期間で大きな結果を出しているお二人にお話を伺うことにしました。

 

 

 

派手な場を繰り広げるアフロマンスさん。緻密なプランが、アイディアを形にしていた

f:id:yusuke871:20170311100040j:plain

アフロマンスさんと言えば、海外から取り寄せた派手なイベントをやる人なんて印象がある人もいるかもしれません。

ノリと勢いで人を集めて、若者の共感を呼び、SNSでバズって、メディアに取り上げられ、いつの間にか盛り上がっていた!!やったぁ!

 

・・・そんな偶発的なものではないのです

 

何を隠そうアフロマンスさんはかなりの慎重派。石橋を叩いて渡る人。

勢いだけで動く人ではないのです。

その派手なパフォーマンスには緻密なプランがありました。

バズを狙った垂直立ち上げ型と、じわじわ広がるビルドアップ型という考え方で分けていて、

一万枚のチケットが即売したSlide the Cityなどは垂直立ち上げ型のスタイル。

今回はその部分を掘り下げてお話しいただきました。

 

いいものが広がるとは限らない。

素敵なものは世の中に受け入れられ、拡散されていく?

それだったら、ひたむきに「いいもの」をつくっていけばいいと思うのですが、いいものなのに世の中で知られていないことってたくさんありますよね?

 

僕はいいものであれば広がると思っていた方なのですが、どうやら違うようです。

 

印象に残ったことをピックアップしました。

 

 

世の中に広がるものには、いいアイディアがある。

→「なんとなくいい」という曖昧なものではなく、中心にアイディアがある。そして、アイディアとは「何かが新しい」ということ。

 

それは「組み合わせ」なのかもしれないし、「やり方」なのかもしれないし、とにかく新しいということが大事。

 

シンプルさ。

→やりたいことが多くて、コンテンツをつい詰めたがる。複雑なアイディアは何がポイントかわからない。

何が幹で何が枝葉なのか。伝えたいことが伝わること。

 

価値観のスライド。

→「イベント」だとありふれているけど、「長期化して場所をつくる」という風にすると、作り始めからニュースで話題になる。

 

アイディアは慣れ。

→アイディアマンって色んなアイディアが出せる人?

そうではなく、アイディアマンは制約をクリアし最短距離でアイディアを出せる人。

予算、対メディア、対ユーザーにウケるネタか、環境、ルール、、、それらを抑えて実現できること。アイディア筋を鍛える。そして慣れていく。

一度力をつければアイディアはどんどん出てくる。

 

人に考えを話すこと。

→何でも話しちゃう。パクられるものはその程度のもの。

 

ちっちゃいことでいいからやってみる。まずやってみる。

→イベント前の準備を考えるぐらいなら、まずやる。足りないものを知る。

 

シンプルワード化。

→泡まみれになるパーティではなく泡パなど。人が人に伝えられるとバズる。

宣伝したら宣伝しただけ自分のサイトに返ってくるサイクルをつくる。

 

ビジュアルは大事。

→言葉で伝わりにくいことは特にビジュアルで伝える。

 

記者の気持ちを考えてあげる。

→PVや視聴率が高まりそう、時流にのってる、素材がそろっているetc,,,

読者、視聴者に役立つものでないと取り上げられない。

 

プレスリリースから、個人へのダイレクトメッセージ

→最初はプレスリリースで発信を(メディアに企画を一斉配信してくれるサービス)。

その後は記者さんに直接メッセージを一人一人送り取り上げてもらう。距離の近い人をたくさん増やすことも大切。

 

 

 

「アイディアは形にできなければ何も考えてないのと一緒」そんな言葉を聞いたことがあります。そして、考えないとアイディアにならないと思いました。考えとアイディアが同時。その慣れがアイディアを形にしていくものと感じております。

 

 

 

プロブロガーあんちゃさん。ブログ収益5万で会社員を辞める。彼女を突き動かしたものとは?

f:id:yusuke871:20170311095942j:plain

クソマジメゲスブロガーという肩書から始まった、

あんちゃさんのまじまじぱーてぃ。

www.mazimazi-party.com

 

あんちゃさんは昨年1月より、ブログを趣味で始める。

その後、IT会社を4月で辞める。この時の貯金30万、収益5万。

将来に不安はなかったのか?彼女はこう言います。

思い描いた自分の人生を得たかった。

これを貫くということがどういうことか、私たちに教えてくれています。

 

ブログのおかげで自分の発信したいことをどんどん発信できるようになった。

 

他人の目を気にしないことで伝えられることを伝えられるようになった。

そんな風にあんちゃさんは言います。

人に嫌われるかもしれないという恐れは誰もが抱くもの。しかし、自分をさらけ出さないと自分を知ってもらえないことも事実。

多くの人を巻き込み、人が集まる背景には、どのような要素が大切なのか?

キーワードでピックアップしました。

 

 

人間味の発信

自分の人生の開示ビジョンの共有が大切。

失敗、後ろめたいものもすべてネタにしてさらけ出す。

自分の思いを届け、共感する読者が生まれる。

自分と向き合うことから始めることがオススメ。

 

わくわくこそ、幸せに繋がる。

→迷ったらわくわくするほうへいく。正直であること。

 

現状維持は敵。

→安定は前進も後退もない。自分のやりたいことを抑えてしまうリスクを恐れよ。 

 

お金よりも信用を稼ぐ

→とにかく発信すること。学んだ体験や知識はアウトプットで身になる。

そしてそれが信用され、対価としてお金を得ることができる。

インプット→アウトプット→信用化→現金化

 

自分から動いて共犯者をつくる

SNS、ブログなどで他の人に働きかける。作りたいものを示し、他の人にも一緒に考えてもらうことで共犯者をつくる。

 

伝えたい事を死ぬ気で考える

→読者の受け取り方を考え、発信の仕方を考える。

 

ターゲットを意識する

→小学6年生とビジネスマンでは言葉の選び方、表現の仕方は全然違う。

誰に話していることなのかを考える。

 

 

 

僕もあんちゃさんのブログ読者なんですが、

今回のプレゼンでもまさに誰でもわかるような書き方、表現の仕方をしてくれたなと

しみじみ思いました。わかりやすっ!

お話している通り、層によって表現の仕方を変えるということを

体現しているので、僕もこういうことかと納得してしまいます。

 

アフロマンスさんからあんちゃさんにこんな質問がありました。

f:id:yusuke871:20170311140941j:plain

アフロマンス氏:

プロフィールで下ネタの印象がすごくありましたが今日めちゃマジメでまったく話していなかったので。笑

自分をさらけ出すというところで聞きたいことがありました。

メディアでキャラを演じてバズってヒットする人がいますよね。

皆さんが僕に求める像は、ポジティブでパリピなアフロなんですけど、正直、ネガティブなことでも思ったことは言いたいし、時に真面目にも語りたい。笑

あんちゃさんも下ネタ好きということで発信していますが、

皆さんの期待との板挟みの中で、キャラクターの攻めぎ合いがないのかなと。

 

あんちゃ氏

どちらでもよいですかね。笑

自分が役を演じた時に苦しくないかどうかです。

自分が幸せかどうかが基準。実際に私はそんなに下ネタのことを話せません。

私は、それを求めている人がいること自体は嫌ではなく、むしろ嬉しい。

ただ、自分がマジメに話したい時は下ネタは話さないです。

自分が心地良いかどうかが大切です。

 

 

 

あんちゃさんがいかに生きたい人生を送っているかわかる返答でした。

そりゃファンも増えるわ。笑

アフロマンスさん、素敵な質問に感謝です。

 

このあと、仕掛けておいた炒飯ケーキサプライズ作戦が成功。

3/7はアフロマンスさんのお誕生日だったということで用意させていただきました!

この日のフードはVチャー食堂まいど屋の佐藤樹里さんが駆けつけてくれ、

米を使わないヘルシーなVチャーを皆さんに披露。

その流れで、炒飯ケーキにさせていただいたのです。

 

f:id:yusuke871:20170311100131j:plain

「あ、、、どもっ。」というこの表情、たまらんです。 

 

f:id:yusuke871:20170311100004j:plain

Vチャー食堂まいど屋、炒飯アンバサダーの佐藤樹里さんから説明をいただき・・・

 

f:id:yusuke871:20170311095920j:plain

さぁ、みんなで炒飯を食べつつ交流しましょー!!

 

f:id:yusuke871:20170311100018j:plain

f:id:yusuke871:20170311095846j:plain

 

皆さんに楽しんでいただいた後は、集合写真!

 

f:id:yusuke871:20170311090237j:plain

 

多くの人から濃い時間だったと言っていただき、主催としては感無量です。

改めまして参加いただいた皆様、ゲストのアフロマンスさん、あんちゃさん、

サポートで入っていただいたメンバーの皆さんに感謝いたします。

ありがとうございました。

 

 

 

第二回は3/23(木)20:00~行います。

場所は渋谷のニューロカフェです。

キッチンのあるレンタルスペース|ニューロカフェ

 

アフロマンスさんのプレスリリースのお話しでも少し触れました、

PRの部分の掘り下げを行います。

ゲストはPRプランナー/ライターのかみむらゆいさん、

世界一周団体TABIPPOの代表、清水直哉さんです。

是非、遊びに来てくださいね!

 

今回で雰囲気伝わりましたでしょうか?

第一回はベースがないので雰囲気をご案内するものがなかったのですが、

次からは「こんな感じか」と思っていただきながら来てもらえたら嬉しいです。

お待ちしております。

 

Photo  by  Takumi Yano