読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

イベント開催!お金があってもなくても、知っておくべきこれからの生き方・働き方

ほんとに転職できるの?@やっちです。

今日はイベントデー!

年度末のお仕事帰りに来てくださった皆様、ほんとにありがとうございました!(°▽°)

 

f:id:yusuke871:20170330011030j:image

 

あなたは今の仕事や職場、あるいは今の自分に満足していますか?

 

そんなテーマを常に念頭に置きながら、

皆さんでのディスカッション。

 

これがまた本当に予想外に面白く、

参加者の皆さんが濃いのなんの。

 

一度会社を辞めてニート状態になり、フリーランスとして稼いだものの、お金をほとんど使わない状態になり、最近になってまたやりたいことにお金を注ぐようになった方がいました。

 

お金を使いたいという思いはループするのか?

興味津々です。仕事なくなって、お金ってそんなにいらないんじゃない?って気付いて、仕事を得てお金を得られるようになった時に、いつの間にかまたお金を使うようになっている。

この不思議さはなんなのか。

 

やりたいこと、好きなことでお金を稼ぐという考え方がどんどん出てくる昨今。

 

f:id:yusuke871:20170330020941j:image

サラリーマンは我慢して仕事をしていて、その我慢の分、外でお金を使っているのでは?

 

そんな仮説のもとにみんなで話していると、

 

「会社辞めたいと思ってたけど、なんか寂しくなってきた。笑」

「1億円あっても会社は辞めない」

「自由が利くので辞める必要はない」

 

そんな意見が。

僕がすごく印象的だったのは、

それぞれの人が、会社というものを根本的にどう捉えているか、という点。

 

20代前半の人と、20代後半〜30代前半の人と、30代後半〜40代の人で違う圧倒的な価値観の差

 

30代後半〜40代の人は自分が築いてきたものを否定するわけにはいかないってとこがあったり、

「会社は苦しいもの」という価値観を引きずったりする傾向にあるとみてます。

 

苦しさゆえに給料がもらえるという価値観は、今の20代前半の若者には理解できない部分ではないでしょうか。

 

20代後半〜30代前半の世代は、両方の価値観をなんとなく理解しているタイプ。

そして危機感があるもののその狭間にいて、どちらの方向性にも中途半端な人が多い傾向にある。柔軟に両方の良い部分を取り入れる器用な人たちも多い。

 

今の若者には頑張って稼いで、結婚して、車と家を買うというこの流れは一つの生き方に過ぎず、「そういうやり方もある」に過ぎない。

 

そんなやり方を押し付けられた日には、

それはそれはたまったもんじゃない。

「楽しいことを突き詰めればお金は自ずとついてくるんでしょ?」

「お金そんないらないから時間がほしい」

それが当たり前になっている世代。

 

そんな両者を伺う、

20代後半〜30代前半グループ。

「このまま会社にいたほうが楽だ。」

「いや、会社にいるのはリスクだ。独立に向けて動き出さねば、、、」

そんな行ったり来たりが続く。

 

全世代の考えを否定しません。

それぞれの世代の適した生き方があるからです。50代、60代の人はこれまでのやり方が大成功だったわけです。

でもそれは80代が平均寿命だった時の話。

 

特に100歳まで生きることが当たり前の20代〜30代は、挑戦の数だけ、経験の数だけ、やりたいことの数だけ、なんでもやらないと逆にリスクになる。

 

「若いうちからなんでも挑戦しよう!」

とかそういう話ではなく、

挑戦が当たり前になる

「今、こういうことに挑戦してます」

「これをやったらうまくいかなかったので、次はこうします」が自己紹介代わりのような感じです。

 

失敗して40歳になっても、50歳になっても、

やり直しがいつでもきくからです。

100歳まで生きるのだから。

 

正解はない。確かに。

でも今の時代に確実に必要なのは、

自分でそこに立っていて、

自分で道を歩いているか?

という自立だと思います。

 

 

おもしろかったー!!

またこの機会、作りたく思います。 

 

 

 

 

共同主催、石澤さんプロフィール!

素敵なファシリテートをありがとうございました!!

 

◎石澤貴宏(いしざわたかひろ)

日本株デイトレーダー
(学ぶデイトレーダー

東京都荒川区出身、1979年生まれ。
新卒入社した証券会社を退社後、個人デイトレーダーに転身。
月100万円稼ぐも、人との関わりがない生活が続くことへの恐怖から、再び会社員へ。
入社した教育系企業で事業企画に従事することになり、「学びとは何か」を問い続けることがライフワークになる。
2016年、「学びと株」を結びつけるべく、再び専業のデイトレーダーの道を歩き始める。

入門者向け株式勉強会「SOREO」主催
個人ブログ「それおもしろいね」運営