読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

今までの100円が10倍以上の価値になる感覚を一度は味わったほうがいい

頻度高すぎて、ますますイベンターらしくなってきた、やっちです。

 

f:id:yusuke871:20170330183711j:image

 

お金の価値がめまぐるしく変わった3月。

そりゃそうです。ニートですもの。

昨日の主催イベントで、僕が一日に家事ばっかりやってる話をしたら、

主夫じゃん

ってツッコんでくれた人がおって。

 

そっか!!主夫なんだわたし!

ほんとのわたし、デビュー!

 

ってなんだか舞い上がってしまったんですが、

これからは主夫も良いと思いました。

 

お金の価値の話に戻りますね。

最近、以前の1000円の価値が、今100円で感じるんですよ。100円かぁ、、うーむ。

という感じです。

 

これってデフレとかインフレで起こる感覚の差と一緒なんですよね。

 

前にも極限まで貧乏になったことはあるんですけど、それでも単に「お金がない」っていうだけだったんですよ。

 

今は、例えば臨時収入が1万円入ったとしても、その感覚のままなんですよね。

 

前は1駅でも電車を使っていた僕も、今は2駅なら歩いちゃいます。

なぜなら、時間という資産を持っているから。

お金がないなら、時間を使う。

 

誰も来なかったら破産するけど、

イベントをやった。

 

でも僕には仲間という資産があったから、

そして力を貸してくれる人がいたから、人は集まった。

 

僕には妻がいるので、

家でのたうち回ることも、寂しくなることも、変に落ち込みすぎることもなく、平然。

これも資産だなって思います。

妻には心配かけちゃってるので、早くお金稼いで好きな服買ってあげたり美味しいもの食べさせてあげたい。いらないって言うだろうけど。

 

そんな感じで、

ほんとに絶望状態までお金なくしてみると、

凶変するどころか感謝しか湧いてこないんですよね。

 

なんでお金がないと人に暴力をふるったり、

お金を盗んだり、変なビジネスに手を出したり、お金借りまくったりってなるのか。

 

そんなわけで、お金がもたらす人への心理の探求は続きます。