読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

好奇心旺盛すぎて色々やってたら、目標から遠ざかっていた件

世間の離婚の原因の多くは性格の不一致!?

やっちです。

 

この2か月ほど完全に主夫なので、自分を見つめる時間もたっぷりあったんですが、気付いたことがあります。

 

色々やっているから結果が出ないんじゃない?

よく言われる、「まずやってみる」。
この、まずやってみるを提唱しているような人は、実は大半の人が点ではなく線でプロジェクトを描いている。


ここに向かうために、プロセスが大事だ。
あれこれ試して、最短でそこに向かうための方法を考えよう。

そして、「まずやってみよう」となるわけです。

 

一方で、たくさんの点がある中で、
考えててもしょうがない!点をぜんぶ追ってみよう!為せば成るさ!たどり着くさ!

このように、まずやってみようで進んでいくと、途中で異変が起こります。


「自分はこれだけやってきた。いろんな気付きがあった。」
その気付きに引きずられ、今、その瞬間に自分がやっていることを、正当化する。

 

なぜなら、積み上げてきたものが無駄だとは決して認められないから。
認めてしまったら、自分が崩れてしまいそうで怖い。この道で大丈夫。いろいろ経験して、強くなったもの。

 

ここで気にしてほしいのがコレです。

 

あなたが今立っている場所は、
望んでいる未来に近づいている?

 

例えばですが、毎年世界を巡り、表面だけでなく密着したいと思っている人は、
一定期間だけ働いて、辞めて、3か月ほど旅に出るを繰り返してます。


それが、がっつり働いて時々1週間ぐらい旅に出る、となると、何かズレがありますよね。

 

平日の夜、土日を家でのんびりとお菓子でも食べながら映画やマンガを見ていたい。
だったら早く上がれる仕事、土日きっちり休める仕事がいいですよね。
または在宅でできる仕事や、フリーランスで生きることも考えられます。


それが、残業地獄、休日返上のハードな仕事をしてたらズレがありますよね。

 

今いる環境で、「こうだから仕方ない」として、無意識にあきらめてしまっていることってありませんか?

 

望んでいる結果に少しでも近づく努力をしていますか?

 

目の前で起きていることは、すべて自分で起こしていることであり、得ている結果は、当然、つくりだした原因の元にそうなっているんです。

 

僕は夫婦仲の向上と改善を望む人間なのでそこに注目しますと、うまくいかない夫婦は、お互いが望んでいる結果と現実にズレがあるわけですよね。


お互いが望んでいる結果を知らないケースも多いです。それを知らずして、話し合いは成り立ちません。

 

夫婦の場合は、お互いがお互いに幸せになることを望んでいるはずなのに、
そうでない行動に走ってしまうということになりますね。これもなかなか気付けないことです。

 

僕は好奇心旺盛で、色々やってみようと消去法でやりたいことを絞ってきたタイプです。

ガンコなので、自分で納得しないとダメだったんです。

 

でもそれが、自分のやりたいことに向かうのを、邪魔するカベとなっていたとしたら、
選択と集中が必要です。

 

「色々やる」から、

「これをまずやる → 次にこれをやる」へ。

たぶん皆様、当り前のようにやっていることなのかなぁと思うんです。

 

でも、僕には果てしなく感動できる気付き。

 

僕の場合は、妻との時間をもっと共有したい。

これが願いでした。

 

だったら仕事にたくさんの時間を費やしている場合じゃないよね、と思い立ち、仕事時間を短くして経済的に自立するにはどうすればよいかを探求してます。

今、ここです。