読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

勉強会行かなくても、ネットとか本でよくない?な人に送る、イベントの価値について

イベントでメシを食ってる人ってほんと尊敬してるやっちです。

とにかく好きなことをひたすらやってみる期間なので、やってみてます。

f:id:yusuke871:20170506214710j:image

時々、こんな声を聞きます。
イベントはお金も時間も取られるし、参加するよりネットか本で十分じゃね?

 

僕もこれ、思っていた時期があったんです。
ただ今は、「ネットで十分」から「やっぱリアルじゃね?」の転換期であることはさておき、僕はリアルの良さをあえて伝えます

 

まずは、みなさんの声を聞いていると、
イベントに参加する目的が大きく3つに分かれます。

 

勉強しにいく
交流しにいく
遊びにいく

 

ほんっとに大きくざっくらばんに分けるとこんな感じと思ってます。「遊びに行く」は、主催者に会いに行くことやコンテンツ自体をただ楽しむ場合などです。

 

特に交流しに来ている人は、そのあたりとても重要視してます。

いわゆる勉強会みたいな時間を設けた時に、こんな質問がきました。

 

ゲストとの交流時間はないんですか?

 

ここでNOと答えていたら、この人は参加しなかったんじゃなかろうか( ̄^ ̄)


交流時間の大切さを改めて知った質問でした。

アンケートにも、「交流時間が短かった」とご指摘いただいたことがあります。


なるほど、本来のテーマである「学び」よりも、交流をメインにしてほしいということかと受けとめ、話しやすい場をつくることの大切さを知りました。

 

ここで、冒頭の「イベントはお金も時間も取られるし、参加するよりネットか本で十分じゃね? 」という声に戻ります。

 

これは、知識を得るという1点に絞った場合には正しいかもしれません。
特に登壇されるような方は、どこかで知識の発信をしているケースが多いからです。

 

ただ、例えば登壇者の本を読んで知識を得ている状態でイベントに来れば、

「この部分に関して僕はこう思うんですが、なぜこういう表現をされたのですか?」などと、面と向かって深堀りした会話ができる


なにより、登壇者と直接つながることができる。この時点でリアルってよくね?って僕は思ってしまうんですが、もうひとつ最重要な点。

 

参加者との交流。

 

このことを侮ってはなりません。
中途半端な自信がある人ほど、この参加者との交流を甘く見ています。

 

先日、僕が主催しているトークイベント、「ゆるまじ」で1日4時間だけ好きなことで働き生きている、井元龍太郎さんをゲストにお招きした時、参加者の名前に悶絶しました

 

ぼくが度々、発信のおもしろさに興味をいただいていたブロガー、やぎぺーさん。

ミニマリストとして有名なブロガー、ミニマリストしぶさん。
文系フリーランスとして質の高い発信や登壇を続ける、黒田悠介さん。

 

全員、今後のゲストとして土下座して登壇いただきたいほどの面々が参加されてました。

自分の人生を生きる発信者として、とても尊敬している方々です。

 

おなじ時、おなじ場所で出会う確率というのは、本当に小さなものです。


僕はイベントを起こす人間として、参加者同士の交流の時間を設けるのは、それだけでものすごい価値を生み出していると思ってます。

 

気楽にふらっと来れて、
がっつり学んで自分の活動に活かして、
ステキな人たちと交流してもらう。

 

元々、3年前にイベントをはじめた動機が、
まだ若かりしひとり暮らし時代に、友達がほしかったり、自分の人生を生きたい意識高い人と情報交換したいなーって思ってたからなんです。

 

今は「学び」を入り口にしてますが、やっぱり交流が喜んでもらえているようで、主催冥利につきます。もっと心地よい場所を作れるよう頑張ります!

 

 

 

そんなわけで宣伝。
5/17のゆるまじは、ゲストにコネクタの日比谷尚武さんをお呼びしての、
「他人に目標設定をしてもらうワーク」をやります。
ご興味ある方は是非参加くださいね(゚∀゚)

 

【やらないと損する、他人に目標設定してもらうことで、先入観を壊すワーク】

http://peatix.com/event/262877

 

5/20は11時〜15時、PATERSという阿佐ヶ谷のカフェで、【ひとりで生きていける時代のコイバナ】という、この面白すぎる100年時代の中での、パートナーの存在って?そんなテーマを掘り下げる時間にします。

参加費500円、飲食はオーダーしたい人がする感じ、出入り自由です。

はじめましての方、連絡はpdcakai@gmail.comまでお願いします!

 

よろしければゆるりと来てくださーい(°▽°)