読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

神様に毎日会うってすごい。人に話すことで、自分の整理になる

f:id:yusuke871:20170509190952j:image

 予防離婚の入り口は恋愛、やっちです。

 

↓写真は、Vチャーという米なしチャーハンを、オリンピック村の公式フードにすると叫びながら地球を揺るがしている、佐藤樹里さん。先日は100人花見を開催。今年に入ってものすごい勢いで伸びてる注目の人です。

 f:id:yusuke871:20170509185813j:image

 

さてさて、本題。

カメラマンとして最近独立された、毎日神社に通い神様に見守られながら、まだ見ぬ日本の素晴らしい場所たちを世界に発信する道を突き進む、「こにたん」こと小西さんとお話させていただきました。

 

こにたんのインスタ、素敵ですよー!

http://instagram.com/koniphoto

 

×カメラ。まさに神様のように穏やかで、素直で、マジメで、コツコツ型のこにたんを僕はとても尊敬しています。

(神様を知ってる風に語ってしまったことをお詫びします)

 

その小西さんから、イベントについてお話をいただいたことが印象的でした。

 

今度の17日の、

【やらないと損する、他人に目標設定してもらうことで、先入観を壊すワーク】。
http://peatix.com/event/262877

f:id:yusuke871:20170509183124j:image

これについて、

いやいや、目標設定を他人にされてもって思ってました」という意見をいただきました。

 

グサッ

これに対し丁寧に説明させていただきました。

 

自分だけで考える、過去の延長線上での目標設定は偏りがちですよね。

本人がグループ内でプレゼンし、それを受けて他人が本人になりきって、「自分があなたなら、こういう目標設定します」って、本人に向かってプレゼンするワークです。

 

って言ったら、

え!そうなんですか!めちゃ面白そうじゃないですか!」となりました。

 

伝わった!!(°▽°)

 

もしかしたらそういう思い込みにより、どれだけの人が僕のイベントをスルーしているのかって考えると、罪の重さを感じました。

伝えるの苦手とか言ってられない。

 

面白いものを「面白い」とうまく伝えられないから、リアルのイベントをやってるとこもありました。ただ、まずは「面白そう」って思ってもらわないと、来てもらえないんですよね。

PRうまい人ってほんとにすごいなって思うんです。


人の大切な大切な時間を切り取って、わざわざ来てもらうぐらいだから、つまらないものを提供しようとしてるわけがない。

 

面白いから呼びかけるんだ

これは小学校の時からやたらイベントを起こしていた自分にとって、変わらない事実。

 

面白いヤツいるんだ!!

今度うちで遊ぼうぜ!紹介すっぜ!

 

ローラーブレードエアガン戦争やろうぜ!

ここ集合ね!ぜってぇ楽しいから!

 

今と小学生の時と、やってること全く変わらない。「大人であること」、「お金が発生すること」が複雑にしてる感があります。

 

イベントを辞めるのは簡単です。

でもやり続けるのは、いつか来るであろう人が、偶然出会った誰かと、人生変わるぐらいの出会いを果たすことを知ってるからです。

前回やぎぺーさんが来てくれた時に、「あ。イベントやっててよかった」って思いましたよ。

 

いつも、すごい人たちとすごい勢いでイベントを盛り上げてる諸先輩方に比べたら、僕なんかはまだまだひよこでしかないのだけど、別にひよこがそのままずっとイベントやっててもいいと思ってまして。

ただ、力不足を感じることが多いので、改善を繰り返していきます!

 

「頑張らない」と決めてからもうすぐ1年。

というより、頑張るようなことをしないで、自然にやってることを大切にして1年。

頑張るようになってしまったらもう終わりですね。自然にいつの間にかやってることが一番楽しいし、続くって思ってます。

 

その中で、ゲストさん、お客さんの声を聞いて、改善してく。楽しくやる。これですね。