信用と学びと才能をお金に変えて生きる

人生は思考で決まるので、まずは思考を変えればいい。

yusukeのプロフィール

f:id:yusuke871:20170911002823j:plain

やりたいことだけやってます。

ゆるまじというトークイベントを主催してまして、やぎぺーさんと「発信力を鍛えて、好き勝手生きる方法」というイベントを行った時の写真。


さて、ブログ始めました。yusukeと申します。

既婚、貯金なしだった32歳。

2017年、いきなりサラリーマン辞めて2ヵ月ニート、独立して4ヵ月集中して取り組み、フリーランスで生きられるようになりました。

順風満帆に育つも、16歳の頃に母親を亡くし、成長するに連れ父との関係も崩れ、小さい頃からずっと一緒だった兄が僕の母親であり、父親であったとも思います。

10年ぐらいはどこか埋められない心の穴にずっと苦しめられてきました。

 

現在、20代どころか10代の人がビジネスの前線で活躍する時代。

独立する人が増え続ける時代の煽りを受けて、30代の人は心にもやもやを抱えながらも、動けない状態が続いているのではないでしょうか。

家族がいる、自分に自信がもてない、ずっと築いてきた会社の地位を守りたい、ようやく転職で見つけた安定した職場etc......

 

色々な理由があって、独立は不安だなぁと感じる方は多いのではないでしょうか。

僕は社会人になってからずっともやもやでした。親友は独立し、周りの仲間も活躍している人間が多かった分、「このままでいいのか?」という疑問は常にありました。

 

でも、これまで積み上げてきた知識・経験という学び信用、なによりも自分の才能をそのまま眠らせておくのは本当にもったいないことだと思いました。

そしてたくさんの人とお話させていただくに当たり、才能を眠らせている人が本当に多いと感じています。

 

せっかく得たいろいろな気付きを、新鮮なうちにどんどん出したく、ブログをスタートさせました。副業からでもいいし、サラリーマンを辞めても生きられるよう、本当に必要なことだけを身に着けて、堅実に生きましょう。

 いきなり儲かる話なんてない。でも堅実に集中してやれば、やりたいことをお金に変えて生きていくことは誰にでもできます。

 

 

信用と学びと才能がいかに大切か。そこに至る源泉、思考構築。

独立4ヵ月目に突入した直後、その真意がわかりましたので、このブログで少しずつ、これまで新卒で入った会社からの10年間を振り返ります。

その中でも一番大切なもの、むしろすべてと言っていいものが思考。

この思考の変化プロセスと共に、どうなったら好きなことを仕事にできたの?

このあたりを発信していこうと思っています。

 

 

ドキドキの新卒。最初の会社はいわゆるブラックすぎる会社

リクナビで探した就職先。

住宅メーカーの営業でした。とにかく飛び込み営業の日々。

展示場も工場見学バスツアーもある、大きな会社でした。

140もの営業所の中で、なんとワースト3の営業所へ。

人間関係は最悪。

展示場に愛人を連れ込む上司。

トイレで日々繰り返されるケンカ。

深夜まで残る社員たち。

新人は一番最初に来て最後に帰らないといけない謎ルール。

車で帰って家に着いて、気付いたら出社時間だった時は悶絶。

 

 これが社会かと変に納得していても、絶対におかしいと思いました。

人は、生ぬるい状況では腐ってしまうんですね

そんなわけで3ヵ月ほどで退職。

 

 

変な会社に入りたくなくて、安全な会社を探す

ブラックはこりごりでしたので、とにかく平和な会社を探しました。

この時はマイナビさんの就職フェアを活用しました。

OA機器のレンタル会社の営業サポート。

6年目の社員さんがそこにいて、赤裸々にすべてを話してくださり、ここは良さそうだと説明会と集団での試験に申し込みをしました。

 

当日、僕はなんと電車の方向を間違え大幅な遅刻をすることになります。

泣きそうになりながら途方に暮れ、会社に連絡をしました。

「せめて直接謝りに行かせてください。」

すると、人事の方が僕だけで試験を受けに来て良いと言ってくださり、筆記と面接試験を受けさせてもらい、その後の最終面接でも合格。

ミスをしてからの姿勢が評価されたようです。何が起こるかわかりません。

 

ここはお金も時間もあり、平和が約束されたような会社だったんですが、退職。

元々の知り合いにヘッドハンディングいただきました。そしてなによりの理由は、退屈だったからです。

人は、どんなに安定していても退屈だとダメになるんですね。

 

 

初めてちゃんと商売と営業を学ぶ

広告分野の看板と印刷制作会社へ。

立ち上げたばかりの事業部を拡大したいとのことで、僕を部下に誘ってくれた上司への絶対的な信頼がありました。

なので、素直に教わることを吸収。営業を0から構築しました。

それこそ名刺交換から、挨拶の仕方、相手のどこを見るか、見積もり、提案書、ありとあらゆることを叩きこまれました。

とても厳しい上司で、怒られることは本当に多かったですね。

今でも、大切な場面では上司の基盤が生きています。勝手に師匠とさせていただいており、今でも定期的に飲みに行く、現在は先に独立した先輩ですね。

ここで、自信をつけた僕は元々胸に秘めていた、店を出したいという欲望がどんどん前に出てきて、改めて挑戦で、飲食を学ぼうと思い立ったんです。

そんなわけで、退職。飲食店への道がスタートします。

人は、奥底に秘めた思いをごまかすことはできないんですね。

 

 

連日の長時間労働でボロボロに。意外と身体が弱いことに気付く

居酒屋に就職。キッチンを任されました。

活気があって、情熱があって、メンバーもめちゃ楽しくて、お酒も料理も美味しくて心から人に提供したいって思えるメニューたち。

結論から申し上げて、身体がついていかず、2ヵ月で断念。

手がしびれて力が入らない状態になってしまいました。

体力には自信がありましたが、意外と体力ないんだなと実感。

飲食では決してプレイヤーになるのはやめようと、踏ん切りがつきました。

 

これって、夢に抱いていると絶対に気付けないこと。やってみるから自分で不得意な分野に気付けるんですよね。「やってみる」に勝る学びはありません。

ここで気付いた大切な点は、自分はこまめな休憩が必要なことそして長時間同じ作業をするのが苦手であること。

人は、「自分ならやれる!」って思っていることが実は苦手だったり、不得意と知らなかったりするんですね。健康の大切さを思い知りました。

 

 

以前の営業ノウハウを生かし、改めてゼロから営業を

次はどうしようと悩んでいた矢先、知り合いにある会社を紹介されました。

店舗向け木造オーダーメイド家具屋のに就職。インテリア関連には非常に興味があったんです。ここへきて自分に飛び込んでくるとは夢にも思いませんでした。

この会社はルールがほとんどなく、歩合制でとにかく自由な会社でした。

教育制度もとくになし。わからないことは勝手に調べて勝手に営業。

資料も自分で作ります。

問題点は会社の上層部が最初の会社と同じで腐っていたこと。

ピラミッド型で、下の人間はどんなにがんばっても稼げない。営業は歩合があるのでがんばり次第で助かりました。

 

4年続き、一番長い会社でした。

しばらく辞める気もなかったですが、学生の頃から仲の良かった友人から、お誘いを受けました。子供を作ろうと妻と話していたこともあり、タイミング的にも転職は最後と思っていました。

半年間話し続け、お互いに腑に落ちたタイミングでいよいよ就職を決意。

営業部自体がなかった会社だったので、事業部立ち上げの依頼でした。

人は、自分の居心地よい居場所を見つけても、もっと面白いものがあるとそちらにいく。

 

好きで得意と思っていた営業が意外とそうではないと気付く

食のコンテンツ企画・制作会社へ。

実際、経験のない業界でのスピード感あふれるベンチャーでの営業は困難を極めました。これまで割と自由にやってきた自分には、ものすごい縛りを感じていました。

環境も、人も、実績も、勢いも、教育も、申し分ない。

何が足りないんだろう?と、どうしても掴めないものがありました。

今振り返れば、仕事を進める上でもっとも重要なものが欠けていました。

それは、主体性。

新卒の会社以来で初めて、環境に合わせようとしてしまったんです。

上司がこうしていこうと言わないと動けない。

それほど、信頼も権威も両方があったわけです。

力を発揮できないまま友人と話し合い、退職にいたりました。

ここで気付いたのが、今まで自然にやっていたと思っていた営業も、すんなりとやることができないんだと実感。そして、意外と好きではなかった。

人は、どんなに素晴らしい環境にいても、すべてが自分ごとにならないと前に進めない。

 

 

2017年2月~3月。ひたすら自分の好きなこと・やりたいことを考える

2月からニートへ。

これから就職をするにしても、やってみたいと思ったことはすべてやったので、不安しかありませんでした。心にぽっかり穴が空いたような、そんな感覚でした。

たくさんの方が会社へのお誘いをしてくれました。しかし、働くイメージが全く掴めず、中途半端なことをするのは失礼と思い、お断りしました。

この人は完全に自分の道を生きているなぁと思う方々に、お話を伺いにいきました。

 

10人ほどお聞きして共通していた点がありました。

  • 自分が大好きなことに余念も抜かりもない
  • まずやりたいことが優先で、残った時間を仕事にする
  • 仕事は自分が一番好きなことでなくていい

ここで印象的だったのは、一見好きなことを仕事にしているようで、プライベートと仕事は明確に分けている点。

あくまで仕事はやりたいことをやる、でもそれ以外の時間が優先で、大切な時間だからこそ、仕事もきっちりやる。

 

完全に自分の人生に全力だって思いました。

その人たちの発信を見ていると、好きなこと・やりたいことへの一貫性や深堀りがすごい。余計なことには目もくれず、それこそ子供のように夢中になっています。

 

こんな生き方がしたいって心から思いました。

3月まで半年間学んでいたコミュニケーショントレー二ングのコーチングの力も加わり、自分の人生がどんどん広がっていくようでした。

仕事しながらやりたいことをするのではなく、大切なもの、大切なことを最優先して、やりたい仕事をする。それってすごくかっこいいなって思ったんです。

 

これまで、ある程度用意された枠組みの中で、自分のスタイルを作ってきました。

誰かが作ったモデルの中で、あるいは参考にしたモデルの中で、自分の仕事を決めてきました。もうそれは辞めて、本当の意味で自分が大切にしたいことを優先して生きると決めました。

自分を掘り下げてわかったことは以下の2点。

  • 妻ともっと楽しいことをして時間を共有したい
  • コイバナが大好きだから、毎日コイバナしたい

ここに正直な人生を送ろうと思いました。

 

 

妻との出会いで生まれた今の仕事

f:id:yusuke871:20170911142318j:plain

※こんなイケメンと美女ではありません

 

僕は妻と出会って本当に変わりました。

妻はずっと音楽をやってきた人間で、他のことには目もくれず、それこそ恋愛にも目もくれず、1点集中型の人間でした。大好きなアニメ・マンガも詳しいです。

付き合う人間も限られていて、僕にとっては不思議な存在。どうして広げないんだろう?って思っていました。

僕は真逆で、どんどん広げてしまう人間。色々な人と繋がっていったり、やりたいことはとにかくやってみてしまう。集中したりまとめたりすることが大の苦手。

でも、中学生ぐらいから人からの相談をたくさん受けてきて、心情を察したり整理したりすることは得意だったんですよね。人のことはできるらしい。

 

妻と一緒にいたい。

これまで自分が好きで得意にしてきたコイバナで世の中に貢献したい。

そう思った瞬間に自分の中で何かがカチっとはまり、フリーランスで恋愛・夫婦仲・結婚を仕事にしようと考えたんです。

 

 

4月から恋愛コーチングを始動。

f:id:yusuke871:20170911142203j:plain

これまで、日記のように話したいことを話していた純愛伝道師やっちのブログ。

これをアメブロはてなブログを経て現在はWordpressで運営しています。

読者のこと、伝えたいこと、世の中のニーズなどを意識して初めてブログをスタートさせました。

www.yusuke871.com

 

始めてみると、自分がこれまでたくさんの相談に乗ってきたこととはまた違う、たくさんの悩みがこの世にはあるんだなと改めてクライアント様から教わりました。

 

僕の仕事は思考整理と目標設定。

全体を見て、ゴールを確認しながら小さなステップをつくっていきます。思考が言葉→行動→習慣→性格に繋がり、その人の運命を変える。マザーテレサの言葉でもあります。

 

この流れ、完全にハマっているんですよ。

僕は25歳ぐらいまで「クソ」「むかつく」「カス」などを連発していたのではないでしょうか。思考が変わると前の自分ってあまり思い出せないんですが、そんな記憶があります。

 

思考が一番変わったのは妻と付き合ってから。

さらには結婚してからです。

不思議なことに、汚い言葉はほとんど使わなくなったし、それに伴い行動、習慣も変わりました。性格も変わっていると思っています。

今年、独立してからはそれをさらに強く感じるようになりました。

運命を変えたんです。

 

 

思考が変われば、運命を変えられる

僕は仕事と人間関係を通じて、たくさんのことを学んできました。

その際の気付きは、自分の思考に大きな影響を与えています。

この、「思考を変えることで運命を変える」×「恋愛」は僕にとって最もやりやすく、そして最も大きな力で色んな人を助けられるのではないかと思いました。

 

 

ゼロからでも4ヵ月でメシは食える

僕は思考整理に2ヵ月かかりました。

でもこれは右往左往しての2ヵ月。集中して取り組めば1ヵ月で十分と考えています。

心理学の分野では、本当の意味で習慣化していくのは2ヵ月が目安のようですが。

1ヵ月の思考整理、3ヵ月の仕事への集中期間があれば、自分でつくったオリジナル商品でメシを食っていけます。僕の周りでもたくさんの人が3ヵ月集中をしており、「石の上にも3年」という言葉のように、本質的な期間であると思っています。

 

出る売上の成果はそれぞれ違います。5万かもしれませんし、100万の人もいます。それでも、短期集中で自分のオリジナルを生み出すということが大切で、それ以降はじっくりと育てていけばいいんです。

地道にやるべきことをコツコツやる以外に、自分の在りたい姿の実現は難しいでしょう。キラキラした人や広告にまどわされず、自分のやるべきことのみに集中すればいいんです。ある意味、簡単じゃないですか?

 

 

最後に

そんなわけで、僕のこれまでの軌跡と今をまとめました。

この全体の中でのポイントや、日々学んでいるパラダイムシフト、脳科学のこと、イベント、ビジネスのことを発信していきたいと思っています。

まともに時間管理ができなく、さらには営業としての成果が出せなかった、そしてビジネスの知識も貯金もなかった自分が、スタートから4ヵ月でゼロから始めたビジネスを形にできたこと。

これは自分でも驚いていますし、誰もができることなんだと確信しています。

僕のように会社を辞めてからビジネスモデルを考えることは、かなりリスクがあります。できれば会社にいるうちにしっかり固めることが望ましいと思います。

 

僕もつい先日まで、本当に大丈夫?って悩んでいた人間です。

こういうのって自分だけできてもしょうがないんですよね。再現性があるから価値があると思っています。

一緒にがんばりましょう!

 

 

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。

役立つ情報をお届けできるようインプットとアウトプットの循環をスムーズにしていきますね。これからよろしくお願いします!