読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No fate but what we make.

学び、パートナーシップ、生き方、働き方

絶対に怒らない僕が、感情をコントロールできるようになった5つの秘訣

どうも。

ニート、ニーター、ニーティスト、

やっちです。

ニーティストって響きが素敵だなと思いました。名前を変えようがニートニートだ。

 

f:id:yusuke871:20170329010046j:image

 

あー、、、

いい加減フリーランスと名乗りたい。

がんばって稼ぎを得よう。

まずは100円稼ぎを得よう。

100円稼いだら1000円を目指す。

フリーランスで学びや恋活のイベント開催の事業をやってます。」的な。

妻にハーゲンダッツを買ってやるんだ。

NEET or    Freelance・・・

 

とは言うものの、僕はまだあきらめてません。

サラリーマンという黄金ポジション。

サラリーマンはなんせ楽だ。天国だ。

 

そりゃそうだ。

サラリーマンを最初に考えた人は、

どれだけ色々と考えてこのシステムを作ったことか。すばらしいじゃないか。

 

古代ローマの奴隷がそのまま現代のサラリーマンだと?

 

そんなこと言われたって、いいものはいいんだ。

 

今日は興味ある会社、10社ぐらい応募しました。よくわからないけど。応募してから考えます。妻にもそれを話したところ、

 

「いいんじゃない?」

 

大好きだ!(゚∀゚)

だって、ネットで定型な情報を見てたって、

直接その会社の人から話を聞かないとわからないんですもん。

だから気になったら書類送付する。

通ったら話せるし。

 

採用通知がくる頃には、

自分で最低限の生活ができるぐらい稼げるようになっているのが理想。

温かく見守ってやってください。

1か月後、ホームレスになってたらすいません。

 

前置きが長くなりました!!

 

今日は感情について。とくに怒り

怒りの感情をコントロールできるようになった話です。

 

 f:id:yusuke871:20170329010103j:image

 

僕は以前は、根っからの短気で、我慢はできる子でも、

ストレスを抱え込みやすい子だったんですよ。

切れやすいんですが、グッとこらえてしまう。

表面上は、「やっちって全然怒らないよね。」ってなるわけです。

 

・・・怒っとるがな

 

我慢強い人ってたくさんいると思うんです。

一見、温和な人?というか。

 

でも我慢強いことと、ストレスを貯める貯めないは全くの別物なんですよ。

 

ストレスは確かに発生していて、それを外に出すか出さないかなんです

外に出る直前でグッッッってこらえられる人が、我慢強い人

 

我慢強い人はね。

苦労してるんですよ。

 

顔に吹き出物ができたり。

髪の毛が抜けたり。

身体がかゆくなってしまったり。

過呼吸になる人だっています。

 

ただ、我慢強い人はね。

決して人に言わないんですよ。

だから察してあげようにもちょっとわからなかったりする。

千里眼とか、白眼とか、とにかくよく見てあげてくださいね。

 

今、僕は周りからと言われるぐらい怒らなくなりました。

感情のコントロールは人格とか性格とか器量とかって言われたりするんですが、

これは明らかに技術です。

 

色んな説がありますが、僕が自然に身に付けて実践した方法があるので、

紹介します。

 

①深呼吸する

 

え~!!いきなりなにそれ!

って思いましたか?

コレ、けっこう効くんですよ。笑

 

ただ深呼吸するのではなく、

自分の中にあるストレスを一回膨らませるように限界まで鼻で息を吸って、全部吐き出すように口で息を吐くんです。

これは、ストレスを溜めている自分をまず認めるということが大切です。

ストレスがたまっている・・・ダメだ。

ストレスがたまっている自分、なんて嫌な人間なんだ。

そんな風に思わなくていいんです。

そして、ストレスの原因をなるべく具体的にイメージして吐き出す

けっこう効くので、試してみてくださいね。

 

 

②一回その場から幽体離脱して客観的に見る

 

??ってなってしまうかもしれません。聞いてください。笑

ケンカなどしている時、

その場から離れても、そのことを思い出すだけでイライラする時、

メールやSNSの投稿を見て、イライラしてしまう時。色んな場面でイライラが発生しますね。

 

実際ほんとに幽体離脱するわけじゃないんですけど、

そんなイメージで一回その場の自分を別の誰かとして見るんです。

自分のことだと抱え込んじゃっても、人にアドバイスをする時は

冷静にその人を見れたりしませんか

それを自分で作り出すんです。

「自分を客観的に見る」なんて簡単に言いますがほぼ不可能です。

なので、魂を抜いてほんとに具体的に斜め45度あたりから自分を見る。

意識して何度もやってみないと身に付きません。ファイト!

ここでのポイントは、意識が外に向くことです。内側だけをずっと見つめてしまうがために冷静になれません。

視野を広くして自分を見る必要があるんです。

 

③根源を探るゲームだと考える

 

イライラするのは、どこからきているのか。

目の前の人なのか、元々溜まっていたストレスからなのか、

自分の中の承認欲求が実は働いているのか、

全くちがう何かを気にしていてイライラが重なったのか。

 

自分が怒っているのは、どこからきたものなのかを探すゲームと考えます。

怒ったらゲームスタート。

怒りっぽい人は、たくさんゲームできますね。

クリアできたら、なるほど、これに怒っていたのか、じゃあどうしよう、

そんな風に繋がっていくわけです。

 

④あえて怒る

 

これ、元も子もないでしょうか。

僕は時々やるんですよ。

仏のやっちも、どうしても抑えられなくて外に出したい時があるんです。

そんな時に、「なんなんだよくそ!!」とか、感情丸出しの言葉を放ちます。

すると、すーっと穏やかになっていきます。

ついこの間、妻と話していて、「ちょっとイライラする」と伝え、

だー!!ったく!!!!」みたいな言葉を言い放ちました。笑

でも、それで終わりです。ストレスをただ放出しただけです。

相手にちゃんと理解してもらうことが前提ですけどね。

ちなみにストレスの原因は、

お金がない自分への歯がゆさ」でした。

 

 

⑤事実と感情をしっかり分ける

 

これが以外とできない人が多い。

例えばこんなことってありませんか?

 

友人関係のAさんとBさんとCさんがいます。

AさんとBさんがたまたま買い物をしていた所、

偶然、Cさんに会いました。

Cさんはなんで自分は誘われないのか、もどかしくなりました。

AさんとBさんはいつも通りに定期的な買い物をしていただけです。

Cさんはこう言いました。

「なるほどね!わたしはお呼びでないってわけね!」

そんな皮肉をAさんとBさんに向かって伝えました。

AさんとBさんは戸惑ってしまいました・・・

 

この場合、

事実 → AさんとBさんが買い物をしていたら偶然Cさんと出会った

感情 → CさんはAさんとBさんのように仲良くなりたいというジェラシーがある

 

ここでCさんが、「あれ?偶然だね!」ってなるのがスムーズですよね。

例えばジェラシーのような感情が湧いたとしても、

「わたしも一緒に行きたかったなぁ」ぐらいに、感情を伝えるだけでいいんです。

ここでのポイントは、

ジェラシーが先行して、あたかも事実のようになるということです。

 

 

いかがでしたか?

感情をコントロールする5つのポイントをあげてみました。

 

すべて共通しているのは、

怒っている自分を認めてあげる

ということです。

ここが基本になります。

 

色んな方法があるかと思いますが、

参考まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上野由洋さんが神すぎた。投資を中心に、チャレンジするすべての人に必要な、大切なことを教わる

学び

純愛伝道師&学びの場を促進中、やっちです。

 f:id:yusuke871:20170328010620j:image

 

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント代表の上野由洋さんのお話を伺ってきました。映画製作のベンチャー企業になります。

上野さんや会社の詳細はこちらをどうぞ。

www.creators-station.jp

 

上野さんがさらりとお話くださることがとても重いパンチで、グサグサきましたので一つ一つ味わいながらシェアしたく思います。

 

 

 

【ボールをもらってしまったら終わり。もらわないと決める。】

教えてもらったら終わり。

上野さんは元LINEの森川さんとお会いした時に、色々教わりたかったけどもあえて何も聞かなかったそうです。

こちらから、講演会で繋がったSHIDAXの志田さんを紹介しました。

LINEスタンプの話が具体的になったそうで、お繋ぎしたとのこと。

先に何かをもらってしまうと関係が終わってしまう

あるいは次の日までにすぐに返さないと気が済まない。だから、必ずこちらから何かを与える意識をしているとのこと。

 

ボールをもらったままではすぐに萎んでしまう。膨らませたままにすることを

意識する。これを、「人間に貯金をする。」と上野さんは表現してました。

 

 

【人脈のきっかけは30万で入れる怪しいビジネス講習会だった】

ビジネスを学びたく入った講習会。

しかしそこで出逢った人が人を繋いでくれ、またその人が繋いでくれ、

その人が繋いでくれた人に誘われた講習会で、

SHIDAXの志田さんまでたどり着いた。

きっかけはどこになるかわからない。

 

どこかで5人を介せば会いたい人に会えると聞いたことがあります!それを思い出した話でしたね。

 

【本を選ぶ基準はこの先何年も残る内容かどうか。】

20年後に残るか、100年後に残るかが基準。本当に必要な本はこの世に少ない。

 

僕も本が大好きでついつい色々見てしまうほうですが、最近はあまり読まなくなりましたね。

必要な時に必要なものを選んだり、尊敬する方のオススメしか読んでません。

 

【実現に必要なこと】

孫正義も、スティーブジョブズも、マークザッカ―バーグも、特別な才能があるわけではない。

目標達成と人脈形成は、まずは猛烈なモチベーションがあればいい。

本気でやっていれば必ず応援してもらえる

逆を言えば、本気と伝わらなければ応援してもらえない。

伝わるように話すことも大切

 

情熱って、なんかテンポよくハッキリした声でみたいなイメージありますけど、静かに語っても情熱が伝わる人っていますよね。それは本気度が本当に高いんだろうなと思ってます。

 

【時間管理】

午前中はクリエイティブなことしかやらない

難しいこと、アイディアが必要なことなど。それ以外を午後に回す。

 

必ず夜12時に寝て、7時に起きるなど決める。

とにかく時間が短くても睡眠の質を上げることが大切

体温を上げてから下がる時に眠りに入りやすいことを意識して、

布団に入る。布団の中ではスマホをいじらない、本を読まない。

脳に布団の中は眠る場所としか刷り込まないようにする。

 

うーむ。夜にちゃんとお風呂入ろって思いました。

 

【国への投資の基準】

投資家の方なのでかなり色々お話しいただきました!

 

投資の基準は、大前提があるかどうか。

地球があるかどうか。

人口があるかどうか。

人口が増えるかどうか。

人口が増えるとGDPが上がる。

GDPが上がると株が上がる。

世界全体のGDP成長率平均は5~6%ぐらい。

 

中国のパワーはすごい。

ドローンは世界一。VRに使う機械も世界一。

中国は「これ、世界一!」といったら共産主義なので

経済と政治をコントロールできることが強い。

一点集中で大きく動ける。

 

不動産バブルがくると株バブルがくる。

そうするとサービスが良くなってくる。

この流れを読むようにする。

現在、バングラデシュが世界で一番アツい。

不動産が多くなる。

インフラが整う。これから人口が増える。(詳細理由は公開不可です)

 

このお話を伺って、なんか投資の世界が垣間見えた気がしました。常に世界を読んで、どこが熱いか見極めてるわけですよね。

おもしろいです。

 

【信用するのにどこを調べるか】

表面的な表記、その人が言っていることなどは参考まで。

その人の人脈、会社、会社の場所、社員の顔、人数など、嘘つけないところを調べる。

小さな嘘も重要。少し違う部分があると疑ったほうが良い。

 

調べられるとこはとことん調べないとですよね。今はネットとリアル両方で。

 

日本株について】

円が下がると株価は上がりやすい。

この2,3年はかなりおもしろい。

日経平均が20,000円を超えるのがポイント。

知り合いは40,000円いくのではと話す。

世界中で日本だけがバブルの後、それを超えていない。

日本株を銀行のあちこちが買い占めている。どんどん上げている。

 

この状態では多くの人が日本株を買うのではと思いますね。

ちなみに日本株は上野さんは買わないと言う。

というのも、3年後の状況が読めないから

わからないものには決して手は出さない。

勝てるものだけ投資するとのこと。

 

けっこう買ってる人いるのでは??

さっき日経平均株価18000円台でしたね。

超えそうな気が。

 

【人との付き合い】

気持ち悪い人とは会わない。これは鉄則。

どんなに良い仕事になろうが、大きなこと、ものを持っていようが、

有名な人であろうが、違和感がある人とは付き合わない。

その予感がした人は必ずどこかで亀裂が入る。

 

僕もまだまだ会っている人の数は少ないかもしれませんが、違和感はわかります。

逆に僕に違和感をもった方も離れていくのわかりますし。自分がそうするように、相手もそうする。違和感、大事ですね。

 

【なぜ映画か。】

水野治夫さんがやっていたムービーステーションを継いだ。

映画が最も人に広めやすいものだったので、映画にした。

テレビ局は自分でつくるのが大変なので・・・。笑

 

広めるツールは何を使うか?

これを考える最初のスケールが違うなって思いました。最初に何を見るかですね。 考え方一つで展開も全然ちがいます。

 

 

 

以上、現場ではありませんが中継でした。

ピックアップしたものだけでも、わりとありましたね。

 

投資の話とか詳しく聞いたことありませんでしたけど、とてもわかりやすく説明いただきました。

旅とか投資とかはかなり疎いんですが、世界の動きには興味があり、そこに紐づけるとなんだか深められそうだなと思いました。

 

 

 

 

転職したいと言う人がなぜ会社を辞めないのか、10年の研究で見えてきたこと

最近、アメブロをすべてはてブに移行したやっちです。

 

最近、

「やっちさん実はブロガーですよね。」

と言われました。

「??、、おぉ!ブロガーだ!」ってなって、また知らない自分を発見しました!

やたー( ^∀^)

先日お邪魔した、ハイパーリバ邸のトラさんを出してみる。すごい迫力だった。

f:id:yusuke871:20170326172529j:image

 

そんなわけで、毎日ブログ書きます!!

 

言ったった、、言ってしまった、、、

 

今日は6社経験している僕が10年にわたり研究を続けてきた、転職したいけど転職しない人たちが、すでに10年も同じ会社にお勤めなことに今一度、注目しました。

 

最近わかったことなんですが、

転職したい思いは確かに本気なんだけど、

転職しない人に共通すること。

それは、

 

圧倒的なめんどくさがり。

そして他でやることへの自信のなさ。

 

これですね。

まず、辞めるとなるとかなりめんどくさい。

けっこう会社の中では自信がある

でも外では自信がないんです

 

転職したい、、

会社辞めたい、、

でも、、外でやれる自信がない !!

 

そんな風に言う人は、大抵決まって、会社や上司の文句ばかり言います。

なぜなら自分はもっとやれると自分を肯定し続けなければ、押し潰されてしまうから。

そして僕はすべての会社でこう言ってきました。

 

辞めたらいいんじゃないですか?

 

嫌なら辞めろ。

辞めないなら変えろ。

変えられないなら文句言うな。

 

これが僕の持論です。

僕は変えられるところは変えてきたし、

変えられない自分の力不足を感じるところは辞めてきた。すべての環境をつくっているのは自分であり、変えられないのは力がないから。

少なくともその時点では。

 

なんかフリーランスや起業家に憧れる人が増えてますが、僕は基本的に会社はとても素敵な場所と思ってます。なぜなら、

①代わりがいる

②休んでも給料出る

③有給休暇ってなんやねん。最高か。

④みんなで出した利益の還元(ボーナス)

⑤事務が色々やってくれる。(特に経理)

⑥税金をかなり会社が負担

⑦交通費負担

⑧会社ごとの特別な福利厚生

 

問題は、

◎やりたいことができるか

◎好きなことができるか

◎自分の時間作れるか

◎人間関係は良好か

 

そんなとこでしょうか。

人間関係は永遠のテーマですね。

いやいや!!会社はそんなとこでは!

と言う人は今すぐ辞めてください( ̄∇ ̄)

 

会社の良し悪しは見方によります。

例えば、僕が前いた会社で3ヶ月で辞める人と、4年続く僕がいます。

 

新人は放置プレー。

まだ若い会社で環境は整っておらず、

上司が全員、昭和の価値観でパワハラ、セクハラを繰り返してました。

仕事の詰め込みすぎで夜は遅く、クレームは日常茶飯事。みんな常にピリピリ。

 

環境は確かに劣悪です。表面的には1ヶ月で辞めてもおかしくないかもしれません。

 

なぜ4年続いたか。

それは、会社がテキトーなおかげで自由があったからです。まずここが一番ですね。

 

そして、その劣悪な環境は、会社の全員でわざわざつくっているので

(わざわざ自分たちが苦しむように仕事を回すので)、

客観的に見ていると、自らがその環境をつくっているのに、会社のせいにしているという驚きの事実が発覚したためです。

このシステムは興味深かった。

 

もちろん僕はその気付きをシェア。

一人一人にどうしたら早めに帰れるようになるか、仕事が早くなるか、部署間の流れがスムーズになるかを話しました。

 

難しいことなんてもちろん言えず、当たり前のことを話しただけです。

するととんでもない返答があったんです。

 

 

わかってるんだけどねぇ。

 

!!

 

!!!!!

 

!!!!!!!???

 

わかってるだと!?

 

そう。

わかっていて、その上で、

夜遅くまで残り家族との時間を犠牲にし、

しなくても良い口論を社員同士で話し、

もっともらえるはずの給料には何も言わず、

休日出勤をしているんだ。

 

これはもはや人類史上初となる大問題だ!

 

よーく考えてみてください。

 

例えばですよ。

みかんの皮の剥き方がわからなくて、

いつもナイフとフォークでものすごく時間をかけてみかんを食べる人がいるとします。

みかんを食べるなんて荒療治は、その人にとってかなりのストレスです。

 

f:id:yusuke871:20170326230614j:image

 

その人に僕は教えてあげます。

この真ん中のとこをこうやって、、

ほら!お食べ!

 

「なっ!なんと!ものの数秒じゃねぇか!」

 

その人はみかんをたくさん食べるようになりました。あぁ、よかった。

 

ここで、

その人が顔をうつむきながら、

 

わかってるんだけどねぇ、、

 

と言って、ナイフとフォークでみかんを食べ続けていたら、それはそれは僕は悲しみます。

 

これ、ほんとに同じことですからね?笑

冗談抜きに。笑

 

 

 

そんなわけで、

転職したいって思う人は、

まずは思ったほど会社は、悪いとこじゃないことを知りましょう。言われるがままに、仕事をするのをやめましょう。

 

転職したい気持ちはわかったから、

いるならちゃんとやれ。

 

 

嫌なら辞めろ。
辞めないなら変えろ。
変えられないなら文句言うな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんちゃの城、ハイパーリバ邸に行ってきた!

最近、「フリーでイベントやってます」って言いたいけどなかなか言えないやっちです。

 

今日はとうとう行けた!

あんちゃのホーム、ハイパーリバ邸!

f:id:yusuke871:20170325233523j:image

 

あんちゃって??な方はこちらを。

http://www.mazimazi-party.com/entry/profile

 

簡単に言うとプロブロガーです。

簡単にもほどがありますね。

 

昨年クラウドファンディングで応援してみたものの、なかなか行けなかったんです。

応援いただいた方の名前が壁に書いてあるそうで、それを見ようと思ったんですけど、名前が200ぐらいあって見つからなかったので、またの機会に探します(°▽°)

 

実は4月に行こうかと思ってたところ、

あんちゃが朝活をしてくださるという投稿を見て、おぉ、これを機に行けばよいじゃない。ってことで行って参りました。

速攻申し込んだら1番だったらしい。

おじさん張り切りすぎですね。

 

朝活は、ブログのことあんちゃに何でも聞いていいよー!っていう最高な内容。

さらには各自のブログをその場で見てもらいコメントいただくという。神か。

 

参加費はあんちゃのAmazonほしいものリストを見て何か送るという双方ハッピーなやり方ですね。優しさを感じます。

 

便座に敷いてヒヤッとしないようにするものがほしいものリストにあったので、それも速攻で送ったら次の日到着したそうです。
早すぎだろ。おじさん張り切りすぎですね。

 

事前に質問して良いとのことだったので、6個ぐらい質問送っておいたら時間なくなったので4ついただきました。

 

タイトルと文章どっちから先に考える?

タイトル決めて、見出し決めて、文章。

文字数気にしてる?

大体1000文字が基準。長すぎると飽きる。

見出しの数って決めてる?

特に決めてない。3、4かな。

写真ってどうやって選んでる?

好きなやつ

 

そして僕はこれから恋や結婚のほうに力を入れていきたいのでそのあたりを聞いたところ、

SEO対策が必須ということで、よく検索されるキーワードを意識すべきという神々しいお話をいただきました。

月に最低100以上検索されるものを入れると良いみたいですね。

 

とにかく僕としては10年ぐらい前の過去の価値観で学ぶ恋活セミナー、そして膨大な金額を取りながら、コンテンツが薄い恋活パーティなどを目の当たりにし、どうにかこの現状を変えたいんです。そのためには拡散される工夫をしなくてはいけません。

 

発信力をつけて、

まだ届かぬこの想いを必要な人に届けたい。

イベントで出会うリアルな場だけでは到底時間が足りません。がんばりまっす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっちの生き方解体新書。結局は学び、恋、音楽、暮らしを追求したかった

この美しい世界 自分なりの答え 生き方

コミュニティをクリエイト、あなたの才能や魅力をどげんか開花させたいやっちです。

f:id:yusuke871:20170317111029j:image

今後どうするかを決めました。
繋ぎ場をつくる方針は変わりませんが、
下記の軸を元に矢内と接していただけると幸いです。

 

もはや誰得かわからない産業発展には興味はなく、どうしたら自分の周りの人が幸せになるのか?しか興味なくなりました。


妻と濃い時間を過ごしたり、父を旅行に連れて行ってあげたり、友人の悩みを聞いてあげたり、活動を応援したり•••。
やりたいこと全部やろうって思ってましたが、やりたいこと別にやらなくても幸せならいいやって思うようになりました。
先日3/11に述べたように、楽しそうなことはやる、でいいと思います。

 

幸せって、死ぬ前の後悔をなるべく小さくすることと、愛すべき人がいて、いかに良い時間を過ごせることかと僕は思ってます。
僕とご縁で関わる人が幸せになればと思ってます。世界が、全員が、とまでは思いません。漠然としていて浮かびません。

関わる人ぐらいの範囲が心地良く思います。

そんな考えの元、核となる行動を挙げてみました。

 

 

 

【①恋を繋ぐ。全国のフリーの男女で結婚願望が少しでもある人の背中を押す存在になる。】

f:id:yusuke871:20170317105708j:image

考えるようになったきっかけは結婚はもちろんのこと、印象深かったのが青山で招待された恋活パーティ
男性7000円、女性2000円ほどだったような。80名ほど。

そこのパーティが

はい、スタート!」でほったらかし。
食事も軽食で、積極的に動ける人だけが楽しむ空間。孤立する人オンパレード。
完全にビジネスなんだなと納得でした。
孤立する人は、自分からどんどんいけるならこういう場にいないのでは?サポートを必要とするからこういう場に来るのではと思うんです。その出会いの入り口さえクリアしてしまえばどんどん話せる人はたくさんいます。これでは、実るはずの恋も実りません。

f:id:yusuke871:20170317105907j:image 

結婚したくないなら何も言わないですが、
結婚したいと少しでも思うなら、僕は結婚を本気でオススメします
結婚は好きなこと、やりたいことを加速させる力があります。
そして世界観が広がり優しくなれます。

さらには親や周りの人への大人になったことや独立を示す儀礼。一つのケジメですね。

 

結婚の応援のためにまずは1000人集められる人間になる。男女500人ずつ。
価値観、趣向の合う方同士をグループ化することはできると思います。
コーチング要素を取り入れ引き出し、「あ、ほんとはこういう人を求めてたんだ」という流れを促してあげることも大切ですね。よくある条件設定だけでは限界あるでしょう。


恋の始まりから、結婚にいたるまで、結婚後のパートナーシップの築き方までとにかく応援したい。実は結婚してからが一番大事です。なぜなら人は離婚の可能性を常に持つからです。
離婚を知ることが恋、結婚を知ることです。浅はかな「とりあえず」はもうやめにして、本心を隠すのはやめましょう。
誰もが描くドラマや漫画のような本気の恋をしましょう。

 

【②学びを繋ぐ。幸せの一歩を踏み出せない人にきっかけを。】

 f:id:yusuke871:20170317105939j:image

知識ばかり増えて(その知識も幸せに繋がっているかどうかわからない人が多い)あまりにもアウトプットしない人が多いのを目の当たりにし、明日から使える学びのみを探求した、行動特化型の学びの場を月4で開催。
(シリーズ化したいので過去にゲストで来ていただいた方含め相談したいです)
同時に参加者全員がプレゼンするプレゼン会も行う。(すでに現在進行形です)
総クリエイター時代ですので当然といえば当然ですが、学びは全部アウトプットしてみる。そんな場です。

主催者がゆるすぎるので、基本的にゆるい場にする。(話しやすい場をつくる)
リスクなしの小さな行動→フィードバック→大きな行動
これらを習慣にして動きまくったほうが大体成功します。若ければ若いほどいいですね。中学生、高校生はみんなフリーランス、起業家経験ありぐらいでいいと思います。しかも本人たちはそのつもりないぐらい「遊び」の認識がベスト。

お金と地位に価値観を置く人は「いやいや、矢内も成功してないやん」ってツッコミもあるかもしれませんが、僕は何もなくても幸せという武器を持っているので、これって究極の幸せで、既に成功してます。わけがわからない方は、もしかしたら60過ぎて気付くかもしれませんね。
生きてる上に好きな人がいるって、極上の幸せなんですよ?
お金あって自由に動く人で幸せでない人は、人との繋がりを求めます。一時的に満たされることを繰り返します。
今、僕が後悔をあえて言うなら自分の子供見たかったなぁぐらいでしょうか。

 

【③東京と地方を繋ぐ。】

 f:id:yusuke871:20170317110124j:image

自分が田舎暮らしを3年計画で定めたので、移住、地方創生を本気で学ぶ。
そのために実際に東京と各地を繋ぐ仕事をする。ここだけは経験がないので経験ある人たちの集まりにまず入ります(既に応募だけはして、内定でたらそこから考えます)。NPOになるかと。
移住したいけどしない人は何が問題なのか、移住を受け入れる側は何を考えているのか、より地方の特徴や魅力を伝えるには?色々思いはありますが、まずは頭を真っ白にして知ること。それだけです。
現在、全国あちこちに移住している友人がいるので、学ばせていただいたり、時々ご協力求むかと思います。
自分、ハブになります。

 

【④音を繋ぐ】

f:id:yusuke871:20170317110302j:image
日常で聞こえる音。
世界に散らばる音。
音を繋いだ、音楽。

音は、僕らの感情に色んな影響を与えてくれます。優しくなれたり、強くなれたり、励ましてもらったり、楽しくなれたり。
音楽イベントはやってきたものの、そもそもやりたかったのは音楽を中心に何でもありの自由な場。海賊が踊けながら自由にそれぞれがそれぞれにできることを奏でるような、そんな形を描いてました。
妻が所属していたゲーム音楽団体の影響もあります。ファイナルファンタジーのBGMがものすごく好きで、それを奏でる団体の壮大な世界の広がりに感動しました。

今は特にピアノ、ヴァイオリン、カリンバなどにとても興味を持っていて、最近冒頭から惚れる音楽をつくる方と長年温めた思いをさらけ出すことができ、大切に少しずつ形にしたいと思ってます。
大ホールでの演奏を目標にします。
皆さんと、心震わす音を繋ぎます。

引き続き、日々出逢うアーティストの皆様とのより一層のお互いの発展のための行動を具体的に示せたらと思います。


以上です。
今後ともよろしくお願いいたします。

日々繋がる皆さんと一緒にどんな場がつくれるか、楽しみで仕方ありません。

 

 

 

「繋ぎ場」を探求していたらスペースと人を繋ぐのもありと思った

繋ぐ 生き方 自分なりの答え

やっちです!

 

f:id:yusuke871:20170314133319j:image

 

徒然なるままに感じていることを。

 

僕はどうやら「イベントをやる」ということより人と人を繋ぐことのほうが幸せを感じやすいみたいです。

イベントって2種類あると思ってて、

主催者が持つものの発信重視と、マッチングを目的とする拡散重視


僕は拡散重視。

繋げたい人を体感いただき、お客さんにも喜んでいただいて僕の「紹介」は完了する。
それは趣味の場でも学びの場でも音楽の場でも同じです。

イベントをやることも人の懐に瞬時に入ることも、自然にやっていたことで特別なものだと思わなかった。周りの人の声を聞くと、これは特別なことらしい。

小さい時は片っ端から友達の家に電話して人を集めてた。各親に僕の存在は知れ渡った。

「あら矢内くん」ってよく覚えてない人からもたくさん言われた。
それが今はSNSに変わっただけだ。

知らない子に「バトルしようぜ!」って話しかけたのも、バスケしてた知らない高校生に「1on1しませんか?」って挑戦して惨敗したことも、知らないおじさんに「僕も一緒に走っていいですか?」ってついていったことも、僕は自然にやってたけど人の懐に入っていただけ。
それが今は人と繋がりやすい社会になっただけだ。

 

基本的にはどちらのやり方も繋がりはできるんだけど、偶然生まれるもの意図して生まれるものがある。

僕は「自然に生まれる」を意図して創ることに最高の幸せを感じるので、そこを常に考えています。
恋愛マッチングは今だにあきらめてません。

以前、仮説してやってみたことがちょっと違ってたので模索してます。そろそろ動き出します。

 

その時に何かを感じる自分、
目の前に現れる人たちの変化。
それを楽しみながら暮らしてます。
偶然ではなく自分で世界を創ってる。
今、お金がないことも自分で創ってる。
なんでそうするのかを問うのみ。

大切な人を本当に守れるのか?
自分の柱を貫けるか?
そんなことを問われているように感じてます。

まずは100人集められる人間になりたいです。少人数が好きだからとずっと30人前後のイベントばかりやってきました。
でもそれは自分のエゴでパラダイムのような気がする。
僕が繋ぎたい人とお客さんの接点はパイがある程度あったほうが貢献できます。
これは最近思うことです。アーティストさんなんてそうですよね。僕が応援したい人はそれこそ1000人、10000人の前で披露いただいたほうが知ってもらえるわけだし。
人が集まれば参加費も安くできるしアーティストさんへのお礼も増えます。

人が増えれば増えるほど、「やりたい」が「こなす」になっている人をたくさん見てきたので、そのイメージがあったようにも思います。でもその「こなす」の中身が大切なんだって思います。

 

f:id:yusuke871:20170314133820j:image

そして最近のことですが。
スペース貸ししてる人の応援も楽しいなって思いました。
色んなとこ使ってみて、これってアドバイザーとかできるのではと最近思ってます。

場所使いたい人もあれやこれや検索するの面倒だし、何よりイメージと違わないかなんて不安。場所を貸したい人も自分たちでは気付かない穴があったり、何より人から申し込みが少なかったり。
スペース貸しアプリって表面しか見えないので。形式的なことのみ。
イベンターが間に入ってあれやこれやしてあげたらみんなハッピーになりそう。
フィリピン留学みたいなもんですかね。
学校のオススメ的な。

スペースオーガナイザー
人を集められるサイトかアプリ作って貸したい人に掲載いただいて、相談者からは無料で受けて確約したら会場側からマージンもらう感じかな?

んで集客やイベントの中身まで手伝えるようになればデザイナーさんやライターさんの仕事も生まれるわけでしょ?
登録しといてもらえれば連絡します!
的な。そこはクラウドソーシングと似たようなシステムになるんでしょうね。
それか直接的な繋がりのみの非公開グループでやってしまうか。

 

ピックアップスペースはメルマガかLINE@でお知らせして、そしてそのうちオンラインサロンやってイベントノウハウや場所の選び方を教える場所作ればいいかなと。
ふむ、なんか価値がありそうだと。

先日、パーティクリエイターのアフロマンスさんから考えていることはなんでも話しちゃうというお話を聞いて、話してみました。笑


そんなことを考えていたら移住のマッチング支援をする方から連絡が。
田舎暮らしを目論む僕は興味津々。
その人の人生を捉えて相談に乗ることも、場づくりも好きだし得意。
そして社会に貢献できそうなこと。
お互いの利益が合えば是非一緒にやりたいなと思います。ニート脱出か??

 

 

震災6年目。今の自分の現状からもっと見えるものがある。

人間って? 自分なりの答え 生き方 振り返り

やっちです。

 

友人のプロブロガーあんちゃの言葉に胸を打たれました。なんだか無性に今の気持ちを書きたくなりました。

 

お金がない今だからこそ、そして決して忘れることはできない今日という日だからこそ、ご報告させていただきます。ちょっと複雑な感じで話すことをご了承ください。

 

会社を辞めて1ヶ月半が経ちます。
その後のことを決めてから皆さんにご報告をしたく思いましたが、最近の気付きや方向性だけでもお知らせいたします。

 

2月序盤はまだ僕は貨幣経済の呪縛から逃れられないようなところがあり、苦しかったです。頭でお金なくても世界が助けてくれると思ってても、結局その呪縛が邪魔をしてきます。「お金ないと生きていけないから働かないと」そんな言葉がグルグル回ってました。
全くもってその通りで、お金ないと生きていけないです。価値を示す道具を持たないと、多くは等価交換ができない。
そして何もしないと破産する現実を見て、なるほど、こういうことかと納得しました。これが今の経済であり、多くの人が自殺する理由として「借金」があること。
自殺した友人のお父さんや、実家のマンションから飛び降りたご近所さん、そして首をつった友人のことを思い出しました。

なんじゃこりゃって思いました。
これが人かって思いました。

僕自身も4回死にかけたことがあって、
溺れ死にかける、人に襲われる、電車に轢かれそうになる、高速道路の中央分離帯に突っ込む、そんな感じです。

これまたなんじゃこりゃって思いました。
生かされてるってはっきり思いました。

そこで僕は考えました。
自分には価値があるのかどうかということを。だって、自分に価値がないと悟って人って死ぬんでしょ?
自己分析レベルでなく、そもそもこの世界で自分に価値があるかどうかを考えました。それは「あなたには命という価値が」というものではなく、客観的な世界から見たときの人間世界での価値です。

そしてどうやら価値があった。
なぜなら僕を求めてくれる声がたくさんあったからです。何もないからこそ、そういう時に声をかけてもらえることは僕自身の価値と思いました。

こういう話をすると宗教的な、とか病んでるみたいな風に捉えがちですが、それは言葉なのか文章がそう感じさせるのでしょう。
僕はおそらくかなりのレベルで幸福です。
なにせ命はあるし、最愛の妻がいて、家があって、素晴らしい友人がたくさんいる。
こんなに幸せなことあります?

ないのはお金だけ。
そして自分には価値がある。
では、この価値はどうお金にかわるのか、という話になる。お金に変わっていないということは、まだ自分の価値に気付いていないということ。

その前提でお話しします。
まず確実に思うのは、僕は日々出会う色んな人と何かをするのが好きなんだということ。転職も6回しているし、イベントも都度違うメンバーとやるし、遊ぶ人もグループがバラバラすぎます。

一緒に何かをする=「遊ぼうぜぇ」みたいな感覚なんです。何も考えずに遊ぶか、何かを考えて遊ぶかの違いしかなく、どうしたら遊びの質が上がるか。ここしかないんですよね。

やれ「真剣に取り組め」、やれ「遊びじゃないんだよ」、やれ【真面目に】、、
色々言われてきました。
何が真剣で何が真面目なのかよくわからなかった。みんな必死に働いてた。

10年前の新卒面接時に「世界が平和になってみんなが優しくなったら経済はもっと変わると思うんですよね」みたいに言った時の周りの新卒や面接官の苦笑は、世界は終わってるって思いましたね。そこは当時、乗りに乗ってたベンチャーでしたが、潰れてしまいました。

話がそれました。
前振りが長すぎました。

何が言いたいかというと、
僕は人が大好きであるということ。

そして様々な経験から、特別な資格を要することなく人の相談に乗れるということ。
高1で母が他界したり、社会人になってすぐ父が破産したり、変な人が家に来て恐怖で怯えたり、それはもう壮絶な経験だったと思います。多分。
ハゲたのもこの頃。20代前半で毛が抜けると思わなかったですよ。

僕はよく、仏と言われます。
でも僕は元々切れやすかったし、ドSだし、自己中心的だし、よくぞ今のようになったなと思います。
変われたのは、幸せを噛み締めてるから。
そこしかありません。

だからこそ、コミュニティづくりや、純愛伝道師としての活動は合ってるんじゃないかと思ってて。
僕は、昔の僕みたいな人に「ここは大丈夫。安心しておいで」って言ってやりたいんだ。そんな場所があったらいいなって。なぜなら僕はなんの見返りも期待しないし、笑ってくれたら、それで最高だ。

純愛伝道師はなんだかふざけてるようにも思えるかもしれないけど、僕は真剣。
話してくれる人には全力で魂を注ぐ。
あんまり体力ないから長くもたないみたいです。汗

長くなりました。
そんなわけで、僕は変わらず矢内悠介で生きていきます。何してるというか、矢内悠介です。

もしかしたらまた会社に入るかもしれません。このままかもしれません。
その都度、楽しいことに身を任せて生きていきます。

 

東北の震災から6年。
毎年、ご冥福をお祈りします。
今日も僕は幸せです。
生きてます。ありがとう。