じぶんだけのビジネスのはじめかた

じぶんで仕事をつくるならつくりかたを知ればいい。自分だけに必要な情報を選ぼう。

インフルエンサーは追いかけなくていい。1年1つ、商品づくりに集中する

じぶん仕事職人のyusukeです。

 

じぶんだけのビジネス、はじめてみたいですよね?

 

それでしたら、1つ重要なアドバイスをします。

 

インフルエンサーを追いかけるのをやめましょう。

 

これだけでも成功への道が1歩すすみましたよ!おめでとうございます!

 

10年ほど社会人やって、副業もやって、4年ほど前からオンラインサロンに入っていてわかったことです。

誰かを追いかけ続けてもまったく成功に近づきません。

 

もし、誰かを追いかけるなら、秘書や右腕ポジション、または横に並んでいっしょにビジネスをやる位置にいてください。

それなら話は別です。

 

とにかく、自分が進んでいるかどうか?というモノサシだけ持ってください。

 

 

天才と同じやり方が良いわけがない

あなたは天才と同じやり方で成功しようとしていませんか?

 

ホリエモン、西野さん、箕輪さん、前田さん、はあちゅうさん、ゆうこすさん、イケハヤさんetc......

 

天才を追いかけて、天才の発信に対して、「これから時代はこれか!よし!これに続くぞー!おっしゃー!」

 

ってなりたい気持ちもわからなくもないんですが、総称して彼らが言いたいことはなんなのかと言うと、「勝手にやれ」なのです。

 

つまり、オレは、わたしは、こう生きてきて、こうやって仕事をつくってきた。

以上。ってことなんです。

 

それ以上はなにもないんですよ実は。

 

だから、天才たちを見ているのは娯楽としては楽しいかもしれないんですが、自分の仕事をつくるために追いかけるのはもう卒業しましょう。

 

 

凡人はそれなりにやらなきゃいけないことがある

凡人が成り上がるには、誰かのビジネスの収入に貢献するのではなく、自分のビジネスをつくるための行動、つまり収入につなげるための行動だけをする必要があります。

 

95%の人がここをはき違えているのでチャンスです。

 

オンラインサロンなどで「やってる感」を出すのではなく、自分がつくった仕事で生きていくためにやれることぜんぶやるんです。

 

最近の傾向である、みんなでいっしょにがんばろう!というのも、まだ力が足りないからみんなでやるのではなく、1人でもやれるけどみんなでやるというのが大切です。

 

ある程度、すでに進んでいる人で集まるから、より良い作品づくりができます。

あるいは、経験がなくともとてつもない行動力を持っている人と組む。

 

 

残酷な事実

ある事実を教えておきますね。

最近、フォロワーの数や信用をお金に変えるみたいな考え方がすっかり生き渡ってしまったので、そうでないと価値が無いという考えも同時に生まれました。

 

フォロワー数の少ない人の発信は無視、儲かってない人はイコール信用を集められない人、そんな感じです。

 

これ、9割ウソなのでご安心ください。

 

フォロワー増えて収入も上がっている人は、単に以前から実力があって人間力があったというだけです。

 

何かのきっかけで世間が知ることになったということです。

当然、フォローしたくなるしその実力から依頼もしたくなります。

 

さて、では実力も人間力も経験もない人が、フォロワー増やそうとか、これからは信用がどうとかそちらに注力するとどうなるか。

 

ただの誇大広告になります。

 

僕も実は、いい感じに盛り上がってる風の人に、デザインやライティングをお願いしたことがありました。

 

5000円~10000円という金額ではあるものの、レベルの低さに驚きました。

これ、1回で信用が崩壊ですよ。二度と頼みません。

 

 

順番だけは守る

さて、自分の仕事をきちんとつくりたいなら、まずは商品をつくるんです。

 

売るものをつくる。

 

自分を売りたいなら、自分も売るものになります。

 

基本は、自分と商品の両方をつくることになります。

 

どうやってつくるかと言うと、無料で100人に提供してみて、その中で試行錯誤して最高の商品をつくりあげていくんです。

 

それ以降は、500円~2000円など安価で提供し、お金をいただいた方からも声をもらう。

 

相手が自分の商品を安く感じるようになったなら、金額を上げるタイミングです。

 

そうやって、まずは商品をつくるんです。

 

1年かけてやってもいい。なんにも周りを見ず、商品をつくり続けてみてください。

 

驚くべき結果になるでしょう。

 

 

インフルエンサーは追いかけなくていい。1年だけ1つに集中する

1つだけ、何かにとことん集中してみてください。

 

自分の仕事をつくることだけに集中し、そのためにまずやるべきは商品づくり。

 

商品づくりをするには、自分は誰をどう変化させたいか、市場のリサーチ、得意と不得意など、あらゆることに時間をかけていきます。

 

他の人のことなど追いかけている時間はあなたにはないのです。

 

今すぐ、商品をつくりはじめてください。

 

1年後には売れっ子になっていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

人前で話すなら、これだけ気をつけておけばOK!!

信用と学びと才能(CLT)をお金に変えることを探求するyusukeです。

 

今日はパブリックスピーキングの話です。
情報収集術No.1トレーナーの井元龍太郎さんからの伝授!

 

■こんな方にオススメ!

人前で話すのが苦手

前で話す機会が度々あり、言いたいことを言えない

話が飛んでしまうことが多い

 

■これを読むとどうなる?

なんと、1日セミナーが開けるようになってしまうほど話せる

 

 

パブリックスピーキングのポイントだけ抑えちゃおう!

3大あるある

  • 話す内容をカッチリ決めて言えなくなる
  • 覚えきれなくて忘れる
  • 話したいことが絞れない

 

 
スピーチはアドリブが入ったほうがよい。
練習中に話がぶっ飛んだりする人、いますよね。
飛ぶのは最初からあるとわかっている状態が望ましい。
「飛んじゃったので、別の話に切り替えますね」でいい。
 
話したいことは、3つに絞る。
 

名スピーカーの誰もが抑えているポイント

共感・・・あるある!
新しい発見・・・なるほど!
自分事に感じてもらう・・・自分でもできる!
 
※これだけは絶対にダメ
感情を揺さぶらない
事実を淡々と述べる
 

感情を揺さぶるテクニック3つ

・違いをもたらす違い
恋愛がうまくいっている人とうまくいっていない人の違いの違いを具体的にほる
情報収集がうまくいっている人とうまくいっていない人の違いはこの3つです
・体感したことがある大きな問題
これまでの失敗など
・えーなるほど!のどんでん返し
ネットでの情報収集は良いのか悪いのかなど。世間での前提をひっくり返す
 
 

パブリックスピーキングとコピーライティングの違い

  • パブリックスピーキングはターゲットが一般大衆になる。
  • コピーライティングは狙ったターゲットに合わせる。
  • セミナーは終わるまで話を聞いてもらえる。
  • 記事はつまらないと思ったら離脱される。
 
具体例を基本的にはいれる。
参加者のレベルが高い場合、いれなくてもよい。
人数が多ければ多いほど、レベルを低いところから高い所へ。
 
1時間の中で経験してきたことを話してくださいってなるなら、その中の1番思い入れのあることを話す。
※たくさんをかいつまんで話すということが一番ダメなパターン
 
 

構成としては以下のようにする

  1. 自分が話すことの重要性を話す
  2. ノウハウを話す
  3. まとめ
 
まとめの時に、明日からできることを話して絞める。
明るい未来の想像で終わる。
 
 

内容について

まずはたくさん話したいことを出す。最初に出し切る。
出し切ったら、時間内に収まるように調整する。
 
①問題提起 
例)
恋人できない
継続できない
結婚できない
ケンカばかり
 
②商品を売る、解決するノウハウを話す
例)
 
忙しい夫婦ほどコミュニケーションが取れない。時間管理術を学ぶことで、仕事時間やスケジュールを改善でき、夫婦の時間を取れるようになる。
 
③世界観を話す 
なぜその活動をするのか。
生い立ちなど。
 

プレゼンが得意な人ほど、スライドにそこまでこだわらない

スライドは補助。
こったものを作る必要はない。
 
スライド一つにつき2,3分が目安
1枚につき、伝えることは1つに絞る。
 
 

プレゼンが上手い人をモデリングする

  1. 商品を売る /スディーブ・ジョブス
  2. 世界観 /植松努、孫正義
  3. ノウハウ 
 

練習:動画を見て、分析をしてみる

植松努さん TEDxプレゼン
 
共感
 
思うは大事
仲間になって欲しい
自己紹介
事業紹介
 
できそうな夢しか見ちゃダメなのか?
やったことできない
いまできないことを追いかけるのが夢
できなかったことができるようになることが、人間にとって大切なこと。
 
失敗する。
 
まずいと思ったら逃げるのもあり。爆笑。
 
 
違いをもたらす違い
 
 
自分の金が価値のないものになる
貯金よりも頭にいれるとおばあちゃんに教わる。
人が月に行ったぞ!というじいちゃん
 
そんな夢みたいなこといってないで勉強しろ!と言う先生
宇宙はよほど頭がよくないと無理。
人はなんのためにお金を稼いでいるのだろう?
 
助けてくれる大人はいなかった。
先生は、どーせむりと言った。人間の芯と可能性を奪ってしまう。
なにもしなくて済むから恐ろしい言葉になる。
自信を失う
お金で自信を買う
自信を守りたくて他の人の自信を奪う
 
安定して楽をしてお金がもらえるのがいい会社
勉強すればするほど能力が育つのではなく、会社に入るため?
それなら勉強なんてしたくない。
 
宇宙開発は手段にすぎない
 
誰も助けてくれなかった。
僕を助けてくれたのは、本の中の人たち。
自分の好きなことを好きになる
 
努力したって無駄だって人が、人を殺す。奪うしかない。
みんなが奪ったら社会は成立する。
 
僕一人にできることは限られているから仲間が欲しい。
 
どーせむりという言葉がでたら、こーしてみたら?を使う
 
学問は誰かの評価されるもの
問題を解決する
教育は死に至らないための安全を経験させること
 
生まれた時からあきらめ方を知っている人間はいない
 
自信を取り戻すための方法
→やったことがないことをやってみよう。
 
 
 
体感したことがある大きな問題
 
 
年収が何十倍!
失敗して借金
飛び込み営業
えげつないこともできるようになった。
なにもかもゴールしか考えられない。
 
 
 
どんでん返し
 
どうせ無理は人間は最初は知らなかったはずだ。
宇宙は国家事業?誰が教えた?
やったことない人が、テキトーなことを教える。
どうせ無理という言葉をなくす。
 
誰もがどうせ無理だと思っている宇宙開発をしようと思った。
永田教授は資金はある。植松さんは開発ができる。
神様がそろそろ会っておきなと言ってくれる。
人は足りないからこそ助け合える。
足りないことは恥ずかしくない。
中途半端はなにもしないよりなにもできないより全然いい。
 
 
 
スティーブ・ジョブス アイフォン発表のプレゼン
〇共感
MacIpodなど画期的な商品を世に送り出してきた。
 
〇違いをもたらす違い、どんでん返し
ワイド型アイポッド
ケータイ
ネット通信機器
 
3つを1つにしてしまった。
iPhoneの誕生!!
 
キーボードがついてる。下半分。
アプリによって最適なボタン配置は異なる。
 
巨大な画面のみ。
操作はどうするの?スタイラス?→NO
世界最高のデバイスである指を使う。
マルチタッチ。魔法のように機能する。
極めて高い精度。
 
 

まとめ

共感・・・あるある!
新しい発見・・・なるほど!
自分事に感じてもらう・・・自分でもできる!
 
※これだけは絶対にダメ
感情を揺さぶらない
事実を淡々と述べる
 

感情を揺さぶるテクニック3つ

・違いをもたらす違い
・体感したことがある大きな問題
・えーなるほど!のどんでん返し
 
日頃から色んな型のスピーチや、TEDなどでスピーチを見てこれらを意識してマネしてみましょう。
 
すぐに読者の方がどんどん1日セミナーできるようになってしまいます。

寝ていたら売れるわけがない。できる営業かそうでないかはやるかやらないかだけ

信用と学びと才能(CLT)をお金に変える探求者、yusukeです。

 

新卒で入った会社から6社経験、どこにでもいる輩がいます。

 

外で昼寝してサボる営業。

 

 

営業の才能がないんじゃない。やってないんだ。

外で昼寝してサボる営業は、売れません。

なぜなら、お客さんの所に行って営業をしないから。

 

彼らは言う。

「先方の都合で・・・金額が合わなくて・・・稟議がおりなくて・・・納期が・・・他者の商品のほうが優れていて・・・決裁者に会えなくて・・・」

 

想像を働かせて、自分は働かない。

 

これには驚きました。

中にはこんな人もいましたよ。

 

1年で1件も家が売れない営業。

見るに見かねた支店長は、彼をクライアントの窓口にして、肝心なところではすべて支店長が動いた。

 

そしていよいよ契約の日。

クライアント宅に訪問予定だった。

もうすぐ時間だと言うのに、支店長の前に一向に姿を見せない彼。

何度もかけたようやく出た電話からは意外な一言。

 

怖くて行けなかった

 

家族持ち、40手前のおじさんの話でした。

この人は毎日どこかでサボっている営業マン。

 

 

成功恐怖によるサボり癖

逃げていいわけばかり並べる人は、実は平穏に暮らしたいんじゃない。

成功することが怖いんです。

環境が変わってしまう。

わからないことがたくさん出てくる。

失敗してしまうかもしれない。

そんな思いでいっぱいです。

 

たくさんのいいわけに囲まれて生きていくのが心地よい。

誰かに文句を言い続け、いざ自分に責任が問われた時には布団の中から動かない。

 

寝てても決して売れることはない

とにかく最初はしっかりと勉強して、たくさん失敗して、学ぶことが大切。

その基盤がその後の人生をいくらでも豊かにします。

もちろん天才タイプのなにもかもうまくいってしまう人もいる。

 

失敗を失敗と思わせないほど自然に失敗を繰り返す。

よって、成功し続けているように見える。

 

その最初の期間をサボると、当然売れない。

売るもの、売り方、買う人を揃えない限り、商品がお金に変わることはない。

何より、自分が売れていいことを許さないと、売れない。

成功恐怖は、なんとしてでも阻止しようとする自分から生まれる。

 

ある程度売れるようになるまでは、やり続ける必要がある。

そしてサイクルを作る。

 

月8人の見込み客がいて、4人に商品の話をしたら、2人契約という流れがあるとしたら、どうやって8人に存在を知ってもらうか、どうやって4人に商品説明の機会をつくるか、どうやって2人が契約するようになるか。

 

マーケティング、ライティング、パブリックスピーキング、セールスなど、必要なスキルはある。それらを駆使しながら、売れるしくみづくりを考える。

 

寝るなら仕組みをつくってからだ。

最初から寝てたらそりゃ売れないでしょう。

 

 

 

 

 

セールスで必要なことはコーチングである

f:id:yusuke871:20171001013002j:plain

 

「信用と学びと才能をお金に変える」CLTを探求するyusukeです。

 

セールスをやめました。

なぜなら売れないから。

 

今はデジタルマーケティングで売る直前ぐらいまではいけるので、最後はセールスマンが契約をするために直接話をする必要がありますが、それをやらないと決めた。

 

とはいえ、契約を完了させるためのセールスは必要なので、何をするか。

それが、コーチングです。

 

 

これからは「契約したくなる」が主流

まだ営業で消耗してるの?

って言いたくなるぐらい、今だにゴリゴリの営業してくる人がいます。

周りでも、売上をただひたすら伸ばすために、嫌がる人に売らなくてはいけないという、辛い声を聞きます。

セールス=無理強いするもの

という方程式が、世の中を苦しめています。

 

  1. 買いたくなる仕組みをつくる
  2. コーチングする

 

いやいや売る人もいやいや買う人もいなくなります。

 

買いたくなる仕組みをつくる

 

 

  1. たった一人だけを浮かべてターゲット絞る
  2. 既に結果を出してる人のランディングページをパクる
  3. それをベースに内容を変える
  4. 自分らしい一貫性や言葉になっているか確認する
  5. 誰かに見てもらい、率直な意見をもらう
  6. SNS、ブログ、シェアリングエコノミーサービスなどで発信する
  7. 14日間なにも反応がなければ問題ありなので1からやり直し

 

 

 

コーチングする

コーチン(coaching)とは、人材開発の技法の一つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。理論体系はないため、対話手法も含め、既存の心理学カウンセリング等の理論・技法を借用して構成される。内容は事業者によって異なる。

 引用:wikipediaより

 

コーチングは教育や法人のマネージャーを担当する人が学ぶものと思われがちですが、昨今の消費者の変動を見てわかる通り、消費者は情報をいくらでも手に入れられます。もっと言えば、消費者のほうが販売者よりも商品に詳しいケースが増えています。

 

そんな時代に商品を売る人間に必要なのは、相手が気付いていないニーズや目標に到達するために、果たして必要な買い物かどうか見極める目なんです。

 

もうお気づきですよね?

コーチングは、対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術。

ここに応用することがぴったり当てはまるわけです。

 

営業をしている方は、自分の数字の目標達成や部下に教えるためのマネージメントを学ぶためにコーチングを教わるのではなく、是非売るためにコーチングを学んでほしいんです。

 

コーチングのレベルが浅はかな人は、傾聴とアドバイスのような流れで終わってしまいます。コーチングの本質は相手が気付いていないニーズを掴むことです。

 

相手が気付いていない本質を掴むには何が必要かというと、本気で相手に寄り添う思いと、質問力。

この2点があれば話すのが下手でも大丈夫です。

 

本気で相手に寄り添うってどういうこと?

ここで勘違いしがちなのが、相手に向き合い、とことん一生懸命になるということではないということ。

 

あくまで必要なことは、相手が変わらなければお金返すぐらいの決意です。

それほど自信を持ったサービスと自分自身である必要があるということ。

何よりも、変わろうとしている相手を誰よりも信じることが大切です。

 

質問力って?

質問力は著書もたくさんありますが、要は相手が自分ごとにする質問です。

人生はどんな質問を投げかけられるかで決まるというほど、質問は大切です。相手の人生を変えるほどの質問ができるかどうかです。

 

基礎が習得できれば、あとは実践あるのみ。

相手に刺さる投げかけと言葉を作っていきます。

 

この2点を駆使しても、最後にやることがあります。

クロージングです。

 

 

クロージングは決して押し付けになってはいけない

最後まで相手に寄り添ってきても、クロージングで急に態度が変わったら、元も子もありません。だから売れないんです。

 

ビジネスの本質は、売ることというよりは、相手に選んでもらうことなので、当たり前ですが選んでもらえばいいだけです。

 

クロージングで相手に迷わせたあげくにどうにか契約、となる人がいますが、それはただの力技です。力技は、後からのキャンセル、クレーム、サイレントクレーマーを生み出します。

 

というのも、契約書を出す前に先方の答えは決まっているからです。

契約書を出されるのをうずうずしながら待たれている状態が理想です。

 

 

  • 砂漠で水を求めている人に水を持っていることを伝える。
  • 上着がなくて凍えている人に、持っている上着が必要ないことを伝える。
  • 急な土砂降りにあった時に、目の前で傘を何本も持っている。

 

 

お金なら払う!だからそれをゆずってくれ!

 

緊急度がとても高く、買う前提で話しかけてきます。

その状態をつくることです。

 

 

まとめ

セールスは買いたくなる仕組みとコーチングができればいい。

コーチングするのに、相手に寄り添う思いと質問力が必要。

クロージングは押し付けでなく、必ず相手に選んでもらう。

 

売ろうとすると売れないのでやめました。

でも売らないと生きていけないので、売り方を考えてたらこうなりました。

細かいことはネットで探せばいくらでも出てきます。

本もその分野の1冊ぐらい何か読んでもいいと思います。

 

考えたり調べたりする時間は2割。

8割は実践あるのみです。

 

 

 

 

 

会社員とフリーランスでもらえる年金ってどう変わるの?

信用と学びと才能をお金に変えたいyusukeです。
 
フリーランスになった時に考えなくてはならないポイント!

収入の問題
じぶん年金
死亡保障

みなさんだったら、どういう対策を立てますか?
 
今日は、会社員と個人事業主で税金関係がどれぐらい変わるのかを、プルデンシャル生命の堀さんから学びました。
(※ステマもアフィリも一切ない、とんでもなく良心的な記事です)
 
なんとなく本で読んだ人や人から聞いた人は多いと思うんですが、実際どれぐらいの差があって、どうしていくかを落とし込めてる人って少ないと思うんです。
 
そんなわけで、なるべく簡単に変換してシェアします。
 
 

まずは保険について考えてみる

生命保険の加入率って?

6割っていう人が多いけど・・・
 
89.2%
 
ほとんどの人ですね。
そして、自分で内容をわからずに入っている人が多い。
 
内容知らずに月々のお金を払う。
これって思考停止ですね。
 
保険の見直しってどんな時にしますか?
 
・自分の生きる方向性を見直す時
・病気やケガの時
 
ここで初めて知る人が多かったりする。
もっと早くていいですよね。
それぐらいの意識ってことです。
 
 

会社員とフリーの人が同じ保険ってどうなんだろう

実はフリーランスの人も会社員と同じような形で保険に入る人って多いんです。

 

普通に考えたらキャッシュフローや定年までの動きが違うので、必ず変わると予想できますよね。

 

社会保険といえばまず上がるのはこの2つ。

 
 
医療費ってけっこうかかりますよね。
こんな例がありました。
 
仕事中に指を切った。けっこう深くいって、血が止まらない。
病院に駆け込むと、
「仕事中のけがなので労災になります。」
と言われる。
その場で手術をすることになった。
少し縫って、一瞬で終わる。
 
いくらかかったと思いますか?
 
13万円です。
 
このケースは労災なんですけど、とんでもない額。
 
ただ、国民年金保険を使ったとしても、これの3割負担でも4万以上のお金を払うわけです。
これが、10万、30万となった時に、果たしてすぐに支払えるでしょうか?
 
そこで必要になってくるのが保険なわけですが、「そういったリスクに備えての保険」という意識があまりに薄いんですよね。
 
日本の保険はほんとうにすごい!!
 
堀さんは外国人に保険の話をすると、驚かれるそう。
 
会社員は病気やケガで仕事ができなくなった時、1年半も給料の7割が支給されます。
さらに、その後も6.5万~8万がもらえる制度がある。
出産時も42万円の補助金が出て、さらに育児手当も出る。
確かにアメイジングです。
 
会社を辞めると、この手厚い保護がなくなるわけです。
フリーランスは何かあった時に、家族や周りの友人に迷惑をかけるのみになってしまうなんて、絶対嫌ですよね。
 
 

会社員とフリーランスの月々の支払差の理由

健康保険の支払いの金額差は、月30万円の収入の場合で、会社員と自営業で4万円ほどの開きがあります。
 
【例】
自営  月16490円 
会社員 月54546円 
→ 自己負担 1/2
実質支払額は月27273円
 
会社員の場合、健康保険を収める額が上がるんですが、会社が半分負担してくれます。ただ、稼ぎすぎてしまうと来年とんでもないことが起きます。
 
給料が高い人がフリーになると次の年の健康保険料がバカ高い!!
月7万とられることもある。
 
苦しくて滞納2年する人も。
ちなみに遡って後から払えますよ。
一括で無理なら分割の相談も乗ってくれます。ごめんなさいができるのが救いですね。
 
※住民税だけは取り立てが来るぐらいしつこいので、必ず払いましょう。
しつこさの問題ではないんですが。笑
 
 

フリーランスは老後20年、ずっと6.5万で過ごすの?

 
毎月おさめている年金保険料は、会社員のほうがたくさん払っている。
だから、年金でもらえるお金に差がでる。当然です。
 
基礎年金額が77万として、月計算だとおよそ6.5万。
国民年金はこれで決まってます。
厚生年金はこれに加え、払った額が上乗せされます。
 
基礎年金は払った期間で決まる。
プラスアルファは払った金額
 
ちなみに2017年8月から、基礎年金がもらえる条件として25年払わなきゃいけなかったものが、10年でよくなりました。これは朗報ですね。
 
会社員で、40年務めた人は老後に返ってくる額がかなり大きい。
お勤めご苦労様ってなります。
 
フリーランスの老後はどうなるか。
この4万円の差を、自分で貯めていかなくてはいけません。
単純に4万円ずつなら、48万×40年で1920万。
 
月10万で生活しても、100年時代と言われるこの時代で20年もちませんね。
じぶん年金が必要になります。
 
 
 
会社員は、社会保険料を引いた額が、手取りとなります。
毎月、引かれる額に文句を言いながらも、内容はよくわかってません。笑
 
フリーランスは手取りで50万ほしいなら、30%とられるので65万稼ぐ。
これは、基礎であり、事業をつくるポイントでもあります。
 

月々4~5万円貯金できるか

さぁやるぞ!って思える人はたくさんいるでしょう。でもすぐに気付くはずです。「これ続けるのきつくない?」
 
ここで手段の1つとして保険が出てきます。保険って残高がわからないんです。
どういうことか、例を挙げます。
 
→月10万積立の契約を組んだ人。
契約から4年経ったある日。
「そろそろ老後のこと考えたい。年金ももらえないし......」
 
堀さんは、30代の男性からそんな相談を受けたそう。
 
堀さん「今、500万溜まってますよ?」
 
!!!!!
 
それを聞いて男性はびっくり。
完全に貯めている感覚はなかったそうです。保険に支払っている感覚だったんですね。貯蓄型年金保険の類です。
 
契約した本人は内容をわかってませんでした。
 
長期的なお金を考える時に、金利を考えいくら増やすかを考えるより、減らさないということが大事!
(ここは声を大にしてました)
 
 

資産がいきなり減るケース

資産が一気に減ってしまう可能性があるのはインフレの場合。
 
日本は20年デフレ。
通貨安によるインフレの可能性はある。
 
1ドル200円などの場合、今の2倍払わなくてはいけない。
 
貿易はドル決済なので、オイルが倍になる。電気も倍。
日本は食品も輸入が6割以上なので、マックも高くなる可能性あり。
1000万の価値が500万になってしまう。
逆に10万ドルをもっていたら、2000万の価値になっている。
積立額を変更できることって大切。
 
老後、2000万の貯金がある人が、月々10万使っていった時、残り500万になった時に恐怖で使えなくなるという。
 
貯金のある老人が万引きするのは、怖いから。本当に恐ろしいのだ。
 
でも月々10万もらえる仕組みがあったらどうなるか?
とても安心しますよね。
 
大きな額を切り崩していくより、月々いくらもらえるって把握しているほうが、安心なんです。
 

引退後の資産形成における5つのポイント

①強制貯蓄
②口座を分ける
③インフレ対策
④積立額の変更
⑤終身年金
 
 
貯蓄ができないなら、強制的に毎月貯蓄する。現在使うものと、老後のもので口座を分ける。
インフレ時の対策を打つ。積立額を都度、変更する。
終身年金が組める。
 
これらを叶えられるのが保険というわけです。納得。
実は、フリーランスの強い味方。とても頼もしく思えます。
収入がなくなった時にもらえる保険もあります。これも備えですね。
 
保険の加入を前提に考えなくても、こういった話を聞くだけで対策は打てるようになると思います。
 
実は、健康保険でほとんどの治療はできるんです。抗がん剤は適用外ではない。
優れものであるということは、あまり公にされてません。
 
ただ、医療保険や生命保険なら、より大きな保障ができたり、先進医療が受けられる、個室にできるなど、額の負担が大きいことができるようになるということ。これも思い込みです。
 
 

最後に

以上、本日の学びでした。
資産形成、税金、老後のことって普段なかなかガチで教わらないので、お話が聞けてスッキリしました。
 
フリーランスの皆様、攻めるばかりでなく、守りもしっかり固めましょうね!
僕も独立してまだ半年!
一緒にがんばりましょう!(^^)
 

ロジカルシンキングで木を見て森を見る

f:id:yusuke871:20170922133751j:image

 

信用と学びと才能をしっかりとお金に変えるにはどうしたらいいかを探求するyusukeです。

(※写真は、細谷功さんの無理の構造より抜粋。)

 

タイトルが極端ですが、何を言いたいかと言うと、陰謀論が好きな人が多いですが、何が真実かはどうでもよくて、自分が幸せに生きられるかどうかだけが大切じゃない?という話です。

 

最初に世界をつくった富裕層の話とかどうでもよくないですか?笑

それを知ってそれを意識しながら生きるって、どんだけ奴隷人生ですか?笑

無視して自分の人生を生きるに限ります。

 

さて、今日はロジカルシンキングを学びました。いちいちアイディアを出すのに降ってくるのを待つような生産性の低いことをしたくなかったからです。

 

講師をしてくださったのは、井元龍太郎さん。以前にも僕の主催するゆるいけどマジで学ぶトークイベント「ゆるまじ」でも登壇いただきました。

 

井元さんの取り組みはTABILABOの記事を見ていただくのがわかりやすいかと。

ざっくり言いますと、好きなことで1日4時間だけ働いて生きる、たくさんの自由に生きられる人を全国で増やし続けている人です。

井元龍太郎の記事一覧 | TABI LABO

 

 

ロジカルシンキングって、皆さんどんなイメージがありますか?

論理的に考えるアレでしょ?みたいに捉える人が大半だと思います。

 

今日お話するロジカルシンキングは、人生に圧倒的な影響を与えるものです。

その中でも印象的だった3つのキーワードをピックアップしました。

 

 

森を見て木を見る

この言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

全体を俯瞰して見て、細部を見る。

 

旅行に行こう!となったら、

どこに行く、どうやって行く、何をするって決めていきますよね。

 

結婚する!となったら、

恋人を探す!ってなって、合コン、街コン、アプリ、相談所などにも行くかもしれません。

 

全体を見た時に、今は何に取り組んでいるのかを理解する。時々、一歩引いて全体を見る。また取り組む。

意外とこれができない人がいます。

 

この、森を見て木を見るというのは、広い意味での言葉と、誰もが認識できる狭い意味での言葉と分けることができます。それが、具体と抽象です。

 

 

具体と抽象

言葉だけなら聞いたことがある人も多いでしょう。本もたくさん出ています。

 

「抽象度が高い」という言葉に関してですが、例えば、宇宙、哲学、人間、自然などは抽象度が高いです。

 

どういうことかというと、それぞれのワードで想像するものが人それぞれで違いますよね?

 

宇宙をブラックホールのようなものをイメージする人がいれば、月から見た地球をイメージする人がいます。

 

人間をホモ・サピエンスから現代までの進化の過程としてイメージする人もいれば、日常の人間社会をイメージする人もいるわけです。

 

具体というのは、バラ、りんご、スズメといった、誰もが同じようなものを想像できることです。

 

これらの具体と抽象が、世の中のあらゆることを複雑にしています。

 

「結婚」という言葉も一見、具体に捉えられますが、抽象度は高いです。

 

例えば僕は、結婚が「自分のやりたいことを加速させてくれるバースト装置」のように捉えてますが、人によっては結婚が「自由を縛るもの」と捉えているでしょう。

 

それでは、このような具体と抽象を分けるために、どのような考え方をすれば良いのでしょうか。

 

 

縦軸と横軸を考える

縦軸により、賛成と反対が生まれます。

横軸により、繋がりと展開が生まれます。

 

どういうことかというと、1つの物事を見た時に、良い面だけを見ても信用性に欠けるということです。

 

悪い面もあれば、そもそも他の軸の展開も考えられるわけです。

 

例えば、【風邪をひいた】という事象。

 

風邪薬を飲む→風邪が治る

縦軸で反対意見を見ると、

風邪薬を飲む→身体によくない

横軸ですと、

風邪薬はそもそも飲むべきでない

 

これはわかりやすい例ですが、もう少し難しいものですとこのような例があります。

 

【水を飲まずごはんも食べずに生きている人がいる】

 

どうでしょうか?

ん?ってなる人が大半ではないでしょうか。

 

これは、「そもそも人は水とごはんを食べるもの」という具体となっている概念があるため、思考が追いつかないわけですね。

 

例えば大食いのギャル曽根さんがあれだけたくさんの食べ物を摂取するのも、常識的に考えたらおかしな話ですよね。

胃の大きさを考えても、あんなに入るのか?って疑問に思った人も多いと思います。

 

これは、抽象レベルが合わないと、その人にとって具体的なことにならないので、そもそも考えるレベルにまでいかないわけです。

 

水を飲まずにごはんも食べずに生きている種族たちにとっては、それは具体となります。当たり前なんです。

 

僕らにとって抽象である、すなわち非常識であることが、受け入れられないのは、こういうことです。

 

縦軸と横軸の展開は、そもそも抽象レベルが合うから整理や賛成、反対ができるわけです。

 

 

まとめ

  • 森を見て木を見る
  • 具体と抽象
  • 縦軸と横軸

 

これらを日頃から意識していると、人間関係もよくなるし、アイディアの幅も無限に広がります。

 

友達やカップルが喧嘩になるのも、抽象レベルが合っていない場合がほとんどです。

 

「付き合う」「恋愛」「記念日の過ごし方」「恋愛→結婚の意識」

いろいろ出てきますが、そのどれもがとても抽象度が高いです。

 

これに対して、「何いってんの!?信じられない!!」と、自分の常識を相手にぶつけ合うわけですね。

面白い現象です。

 

 

 

 

 

1ヶ月でまずは5枚。副業も本業も才能をお金にするタイムチケット

f:id:yusuke871:20170911152323j:plain

 

信用×学び×才能「CLT(Credit×Learn×Talent)」を誰もがお金に変えられることを目指す、yusukeです。

Your CLT is able to change to money.

 

UberAirbnbなどで知られる最近話題のシェアリングエコノミー。

起業家やフリーランスがスキルを売る場所として注目を集めている、ココナラ、ワオミー、エニータイムズ、ストアカなどのスキルシェアサービスもシェアを拡大しています。

 

 

副業でも独立でも、ゼロからスタートの人にはオススメのシェアエコ

タイムチケットはご存知ですか?

オンラインも対応ですが、主に対面型のサービスになります。

 

好きなこと、得意なことがあるけど、どうやってサービスパックにして売り出そうか悩んでいる方へ。

 

既に65000人が集まっているプラットフォームで簡単に販売ができますよ。

トップ | TimeTicket[タイムチケット]

 

ゼロから何かを販売したい人には、以下の3つが必要です。

  1. 売るモノ
  2. 売る場所
  3. 買う人

売るモノをパッケージングするのもゼロからやると一苦労ですよね。

売る場所も、自分でブログやネットショップを開設しても人が集まるのに時間がかかります。

買う人も、営業したり、SNSで拡散したり、一人一人にメッセージするのも大変です。

 

要するに、タイムチケットはそのサポートをするプラットフォームなんですね。

おめでとうございます!これであなたの商品は売れたも同然!!

......と順調にいかないのが世の常ですね。笑

 

 

タイムチケットでなんで売れてる人と売れてない人がいるの?

タイムチケットでというよりは、商品を売るために必要なことがしっかり組まれているか、そうでないかだけの話なんですよ。

 

僕は小学生の頃からずっとバスケットをやってきたんですが、最初は体力をつけること、身体をつくること、パスの基礎、ドリブルの基礎、シュートの基礎ばかりやらされてきました。

 

商品を売るのにも、最初は基礎から入り、体力も身体もつける必要があるんですよね。

いきなりダンクシュートをかまそうとする人が多すぎるんです。

 

みなさんが商品を売る時に考えることって何ですか?

いかに商品が優れているか、いかに販売者が優れているか、メリットは何か、価格がいかに安いか、競合と比べ何が違うかなど、そんなところでしょうか。

 

究極、商品を買う人がほしいものを売ればいいんですよね。

買いたい商品がある人に、その商品を売る。

よく、砂漠の真ん中で食べ物を売っても売れなくて、水は売れるなんて話があります。これは、その時の環境で普段売れないものが売れる良い例です。

 

そんなわけで、まず考えるべきはコレ。

あなたの周りで、困っている人に売る商品。

 

ペルソナとか難しいこと考えなくていいんですよ。

家族、友人、知人、SNSで繋がっている人、誰でもいいので、その人が困っていることを解決する手段をパッケージングして販売する。

 

1人に向けて書いた文章は、必ず誰かに刺さります。

誰でも良いような文章は、スルーされてしまうものです。

 

細かいことを言えば市場調査、マーケティング、ライティングなどの知識が必要になってきますが、後からいくらでも学んでいけばいいんです。

 

目の前にいる、または周りにいるたった一人のためのサービスを作ってください。

まずはそこからです。